研究職

2022.06.30 NEW 任期制 研究職

特別研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点, 熱エネルギー変換材料グループ

JST未来社会創造 (大規模) 「センサ用独立電源として活用可能な革新的熱電変換技術」の研究開発プロジェクト活動において、①参画企業の誘致と支援、②契約・知財戦略、③プロジェクト運営全般、の各分野で専門知識と経験に基づいて研究開発代表者 (PM) を補佐し、プロジェクトが目指す熱電デバイスの事業化に向けた研究開発活動を推進する業務


2022.06.29 NEW 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員

機能性材料研究拠点, 生体組織再生材料グループ

再生医療のための機能性バイオマテリアルの設計・作製および評価


2022.06.21 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員

先端材料解析研究拠点, 実働環境計測技術開発グループ

実働環境 (液中やガス中、バイアス印可、高温など) における材料の高分解能電子顕微鏡観察や位相可視化解析の技術開発や応用研究に取り組む。


2022.06.17 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA), フロンティア分子グループ

液体エレクトレットに関する研究。 機能性液体分子の合成、ならびに液体エレクトレット素子の構築。


2022.06.14 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点, 超分子グループ

超分子集合体や超薄膜の作製とそれらを用いた機能に関する研究。物質合成、無機合成、または分光計 (紫外可視吸収スペクトルなど) 、電子顕微鏡などを用いた構造・機能の評価。


2022.06.10 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点, ナノ光制御グループ

表面の微細構造により放射冷却や光冷却を制御する研究。


2022.05.23 任期制 研究職

ポスドク研究員

先端材料解析研究拠点, ナノプローブグループ

極低温超高真空原子間力顕微鏡・走査型トンネル顕微鏡システムの構築および、それを用いた炭素ナノ構造体の合成などの表面化学の研究を行う。


2022.05.23 任期制 研究職

ポスドク研究員

磁性・スピントロニクス材料研究拠点, 磁性材料グループ

新規なホイスラー薄膜材料薄膜を作製し、スピンホール効果やスピンネルンスト効果等の輸送特性・熱電特性を評価する。プロジェクトの共同研究者との連携により、得られた特性の微視的なメカニズムを解明することを目指す。


2022.05.14 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点, バイオポリマーグループ

医療応用に向けたポリマーバイオマテリアル開発に関する研究


2022.05.11 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点, 電気化学ナノバイオテクノロジーグループ

微生物を用いた電気化学の実験を通した生体電子移動機構の解明


2022.05.11 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点, プリンテッドエレクトロニクスグループ

プリンテッドエレクトロニクスをはじめとして、自由な発想にもとづくいろいろな研究


2022.05.11 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点, メカノバイオロジーグループ

液体足場材料の開発と応用に関する研究


2022.05.11 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点

材料 - 細胞間相互作用解明に関する研究 模擬生体環境下における材料の生体内分解挙動評価に関する研究


2022.05.10 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点, メカノバイオロジーグループ

高分子材料、バイオマテアルに関する専門知識と経験を有すること。関節軟骨再生の研究に意欲的に取り組める方。


2022.05.10 任期制 研究職

ポスドク研究員

磁性・スピントロニクス材料研究拠点, 磁気記録材料グループ

電流誘起トルク,偏光,マイクロ波などを用いた高効率な磁化反転の実現を目的とした基礎・基盤研究.例えばスピン軌道トルクを最大化する薄膜材料開発,接合構造の最適化,円偏光やマイクロ波誘起磁化反転に適する磁性材料の開発を行う.また微細テスト素子を実際に作製し,磁化反転検証実験と原理解析を行う.


2022.05.09 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員

磁性・スピントロニクス材料研究拠点, スピントロニクスグループ

スピントロニクス分野の薄膜材料・磁気抵抗素子に関する研究を行う。トンネル磁気抵抗効果を中心とするが、界面垂直磁気異方性や、関連する新規界面物性等、種々の基盤的研究も推進する。磁気・伝導特性の研究経験がある方を歓迎する。


2022.04.28 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点, 熱エネルギー変換材料グループ

磁性活用など新原理高性能熱電材料の開発


2022.04.28 任期制 研究職

ポスドク研究員

磁性・スピントロニクス材料研究拠点, スピンエネルギーグループ

誘電体および誘電体/磁性体複合構造における輸送現象の基礎原理・応用技術に関する実験研究。


2022.04.08 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員または特別研究員

エネルギー・環境材料研究拠点, 界面計算科学グループ

二次電池または電極触媒の電気化学現象に関する理論・計算・データ科学研究。特に、劣化に関する電子・イオンスケールまたはメソスケール・キネティクス研究、電解液・界面に関する第一原理MD・古典MD解析研究、機械学習ポテンシャル利用研究を想定。当グループが参画している、大規模プロジェクトに所属し、実験研究者との連携研究を遂行する。詳細は https://www.nims.go.jp/group/cs/ を参照のこと。


2022.04.06 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点, 先進蓄電池研究開発拠点

井手本 康特別研究員とともに、革新電池 (マグネシウムニ次電池) ・リチウムイオン電池の構造・物性評価に基づき、高エネルギー密度電池材料の創製を目指した研究に従事 NIMS既設の計測装置、量子ビームを相補的に用いた構造解析、表面解析など多様な計測技術、解析法を駆使して、電池材料の構造・物性と電池特性の関係を検討 無機材料の合成・電池特性評価を通じて、高性能 (高エネルギー密度) 材料の創製


2022.04.06 任期制 研究職

NIMS特別研究員

エネルギー・環境材料研究拠点,先進蓄電池研究開発拠点

次世代蓄電池の研究開発に関して、塗工電極・セルの試作および評価を行う。実験実務に加え、実験の進捗管理やデータの取りまとめ、報告書をはじめとした各種資料の作成を行う。作業内容に関しては、着任後に詳細に説明いたします。


2022.03.29 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点, 界面計算科学グループ

DFTモデリング・ハイスループット計算・機械学習を用いた全固体電池の固体電解質に関するマテリアルデザイン・新規材料探索を行う研究。詳細は界面計算科学グループウェブサイトを参照のこと。


2022.03.15 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点, メカノバイオロジーグループ

種々の高分子材料を作製し、その生体適合性や物性評価を行う。高分子合成・物性評価に関する専門知識と経験を有すること。船舶塗料への応用に向け、海洋生物付着防止塗料の開発に意欲的に取り組める方。


2022.03.03 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員

磁性・スピントロニクス材料研究拠点, 磁性材料解析グループ

極低温応用のための高性能磁気冷凍材料開発を実施する。材料を試作し物性評価、微細構造評価を行うことで特性の向上を目指す。 


2022.01.28 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点, 電池材料解析グループ

二次電池・燃料電池材料の構造・物性観察に基づき、高性能材料の創出を目指した研究に従事 X線吸収微細構造法、X線回折法、X線光電子分光法あるいは原子間力顕微鏡といった多様な計測技術を駆使して、電池材料の構造・物性を観察 試料調製・電気化学計測を通して、高性能化への知見を実証


2022.01.21 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点, 分子メカトロニクス

液晶・高分子材料の合成及びアクチュエータ機能評価


2022.01.19 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員

構造材料研究拠点, 計算構造材料設計グループ

フェーズフィールド法を用いた焼結現象の数値解析


2022.01.14 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点, 電気化学ナノバイオテクノロジーグループ

日本原子力研究開発機構「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業」に関する研究であり、細菌による鉄腐食の機構解明ならびにその知見に基づいた新材料、センサー、リスク診断法の開発に関する研究。電気化学、細菌学、分子生物学、材料化学いずれかの経験を有していることが望ましい。


2022.01.12 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点, ナノ電子デバイス材料グループ

JSTのプロジェクト内で物理物性2次元データからの特徴量抽出と薄膜作製条件との相関可視化に関する研究


2021.12.27 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点 液体水素材料研究センター, 水素材料制御グループ

レーザー分光評価を主として量子マテリアル基礎基盤研究、水素関連材料研究に従事し、可視光トポロジカル共振器面発光レーザー、フォトニック結晶レーザーの評価等を行う。フェムト秒レーザーシステムを用いたレーザー分光計測評価が主業務となる。超高速分光計測実験及びその評価システムの開発、その他 (試料調製、光学計測解析、データ解析処理等)を行う。


2021.12.24 任期制 研究職

ポスドク研究員(任期制)

エネルギー・環境材料研究拠点 液体水素材料研究センター, 磁気冷凍システムグループ

 新規な極低温生成技術に関する基礎研究


2021.12.22 任期制 研究職

ポスドク研究員

構造材料研究拠点, 構造材料組織解析技術グループ

強加工した金属材料の微細組織と特性評価 (ハイエントロピー合金、全固体電池正極用材料など)  


2021.12.17 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点, 全固体電池グループ

固体電池材料の研究開発


2021.12.09 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (WPI-MANA) , 電気化学ナノバイオテクノロジーグループ

【データ駆動と生物電気化学を組み合わせた研究】 酸化還元分子に対する微生物の応答をデータベースの構築に関する研究、および、機械学習を用いた酸化還元分子の探索研究。 (電気化学、細菌学、分子生物学、材料化学いずれかの経験を有していることが望ましい。)


2021.11.16 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点

NIMSにおける量子マテリアル基礎基盤研究に従事し、フォトニック結晶デバイスの作製及び可視光トポロジカル共振器面発光レーザーの開発を行う。MOCVD装置を用いたGaN系発光材料の結晶成長とNIMS微細加工プラットフォーム(NPF)の半導体プロセス装置を用いたナノスケールエッチング加工が主業務となる。半導体プロセス装置として主に電子ビーム描画装置、レーザー露光装置、ドライエッチング装置を使用する。(NPFの詳細情報は、https://www.nims.go.jp/nfp/index.htmlを参照)


2021.11.09 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA), ナノシステム物性理論グループ

トポロジカル現象とトポロジカル量子物質の理論・数値解析等、CRESTプロジェクト (フォトニクストポロジー) とNIMS量子マテリアル研究プロジェクトの研究業務。


2021.11.02 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点

電気化学活性Metal-Organic Frameworks (MOFs) の合成およびその電気化学特性や反応機構の解析に関する基礎研究に従事。*JSPS 拠点形成事業A. 先端拠点形成型“二次元共役ポリマー「配位ナノシート」の化学と物理” (http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/~inorg/core2core.html) に双方およびコーディネーターの同意の下に参加可能。**JSPS特別研究員 (PD) への応募希望する者は、積極的に支援する。***成果の如何によっては、ICYS (https://www.nims.go.jp/ic...


2021.10.26 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA), ナノフロンティア超伝導材料グループ

データ駆動および高圧を用いた新規超伝導体探索に関する研究(超伝導材料データベースの構築に関する研究、機械学習を用いた超伝導材料開発に関する研究、および、超高圧を用いた実験研究)


2021.10.25 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA) , ソフト化学グループ

以下のいずれか、あるいは両方 (経歴によって判断) 燃料電池のデータ解析 (マテリアルズ・インフォマティクス) ホウ化水素材料の合成とX線構造解析


2021.10.22 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA) , ナノ粒子グループ

化合物半導体量子ドットの作製と評価


2021.10.22 任期制 研究職

ポスドク研究員

機能性材料研究拠点・光機能分野, 蛍光体グループ

計算科学、情報科学を用いた新蛍光体開発に関する研究。CREST「事件と理論・計算・データ科学を融合した材料開発の革新」の研究課題「実験とデータ科学の循環による蛍光体開発」等での雇用


2021.10.01 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員

構造材料研究拠点 設計・創造分野, 超耐熱材料グループ

「航空機エンジン用超耐熱材料の評価及び開発」本プロジェクトでは、航空機エンジン部タービン翼およびディスクへの国産Ni基超合金の実用化を目指した基礎研究を実施する。主に、クリープ等の高温機械特性評価や、TEM等を活用した変形組織解析に従事。


2021.09.30 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点

次世代蓄電池材料、水電解材料に関する材料開発・性能評価に関する研究


2021.09.17 任期制 研究職

ポスドク研究員

先端材料解析研究拠点, 光・量子ビーム応用分野

X線、中性子を用いた非晶質物質の構造解析を行う。 実験データに基づいた構造モデリングと得られた構造のトポロジカル解析を行い 非晶質材料の機能発現に資する構造特徴量を抽出し 新規材料開発にフィードバックを行う。


2021.07.27 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA), ナノイオニクスデバイスグループ

固体電解質薄膜の作製と評価


2021.07.16 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点

酸素/水素発生電極触媒の合成およびその特性や反応機構の解析に関する基礎研究に従事。


2021.07.14 任期制 研究職

ポスドク研究員

統合型材料開発・情報基盤部門, エネルギー材料設計グループ

本プロジェクトは第一原理計算、光電子分光、輸送特性のデータを活用し、機械学習でより良い特性を持つスピントロニクス材料や熱電材料を探索・開発するものである。計算科学 (第一原理計算) 、光電子分光、電子・熱輸送測定いずれかのバックグラウンドをもつ者が、岩﨑悠真主任研究員の指導のもとで上記研究を遂行する。理論・実験研究者と密に協力し、意欲的に研究を遂行することが期待される。


2021.07.09 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点,先進蓄電池研究開発拠点

井上元 特別研究員とともに、計測技術とシミュレーション技術の連携により、各種電池の構造・物性評価、電池特性予測、構造最適化に関わる研究に従事 NIMS既設の計測装置を用いた構造解析や物性解析により、電極層構造の特性と電池特性の関係を検討 電極層内のダイナミクスを対象にしたシミュレーションを行い、各種最適化手法により高性能電極構造を設計


2021.07.09 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点,先進蓄電池研究開発拠点

金村 聖志チームリーダーとともに、リチウムイオン電池の構造・物性評価に基づき、高エネルギー密度電池の創製を目指した研究に従事 NIMS既設の計測装置を用いた構造・物性解析 革新材料が搭載された電池の試作・評価・解析


2021.06.18 任期制 研究職

ポスドク研究員

統合型材料開発・情報基盤部門, エネルギー材料設計グループ

データ駆動型手法を用いた高分子の生分解性メカニズムの理解と最適化を実施する。深層学習分野の最先端のツールの利用あるいは開発を行うことで、高分子の生分解性メカニズムの解析や、高い生分解性を持つ新規ポリマー構造の生成に取り組む。


2021.06.02 任期制 研究職

ポスドク研究員

磁性・スピントロニクス材料研究拠点, 磁気記録材料グループ

磁気記録媒体への応用を目的としたFePtグラニュラー薄膜の組織制御。微細組織・磁気特性の相関から媒体に適した磁気特性を実現するための材料学的指針を得ることを目的とした研究。


2021.05.27 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点

NEDO先導研究 : 水素製造触媒開発に従事する。


2021.04.22 任期制 研究職

ポスドク研究員

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA) , ソフト化学グループ

以下のいずれか、あるいは両方 (経歴によって判断) 燃料電池の触媒合成と評価 ホウ化水素ナノシート材料の評価と解析


2021.02.27 任期制 研究職

ポスドク研究員

構造材料研究拠点, 計算構造材料グループ

第一原理計算やモデル計算による構造材料の諸特性の理論解析・理論設計。


2020.12.21 任期制 研究職

NIMSポスドク研究員

構造材料研究拠点, 高強度材料グループ

構造材料を対象としたプロセス・材料組織・特性・性能連関モデリング


2020.09.30 任期制 研究職

ポスドク研究員

エネルギー・環境材料研究拠点

電気化学活性Metal-Organic Frameworks (MOFs) の合成およびその電気化学特性や反応機構の解析に関する基礎研究に従事。*JSPS 拠点形成事業A. 先端拠点形成型“二次元共役ポリマー「配位ナノシート」の化学と物理” (http://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/~inorg/core2core.html) に双方およびコーディネーターの同意の下に参加可能。**JSPS特別研究員 (PD) への応募希望する者は、積極的に支援する。***成果の如何によっては、ICYS (https://www.nims.go.jp/ic...



定年制職員の採用については、「定年制職員の採用」ページをご覧ください。