分析・加工や特殊施設の維持管理、材料情報設計などの専門的業務に従事

エンジニア職は、研究に関する新技術の開発および研究基盤構築の業務等を行う職種です。


エンジニア職

2023.03.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E23-01」 (正職員) 元素定量に関する分析・計測と技術開発 新卒および30歳以下の既卒者対象

技術開発・共用部門

我が国唯一の物質・材料専門の研究機関において、最先端のマテリアル研究を支える基盤技術の開発とこれを用いた研究支援として、次の職務を担います。 物質・材料を構成する元素の化学分析を基盤とした精密定量分析及び関連する技術開発 定量分析に関係する表面分析技術、表面観察技術などによる物質・材料の評価・分析若手育成の観点から、ご自身の技術領域を拡大し物質・材料の評価・分析を多角的にアプローチすることを目指していただきます。 《 採用説明会を開催します 》 開催日時 : 2023年4月7日 (金) 14:00~15:00 開催方法 : Web開催 (Zoomミーティング) ...


2023.03.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E23-02」 (正職員) 水素社会を支える材料信頼性評価と技術開発 新卒および30歳以下の既卒者対象

技術開発・共用部門

カーボンニュートラルの実現、安全・安心な社会構築といった社会課題解決に貢献するために、材料の信頼性を評価し、データ科学による材料開発を支援する、次の業務に取り組んで頂きます。 水素エネルギー利用を支える材料信頼性評価 極低温・水素環境での特性評価設備ならびに特殊実験施設の運用と管理 将来1.に繋げる評価設備、評価技術の開発 (極低温に限りません) 材料特性データベースの構築と提供 産業界や学界との連携構築 《 採用説明会を開催します 》 開催日時 : 2023年4月7日 (金) 14:00~15:00 開催方法 : Web開催 (Zoomミーティング...


2023.03.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E23-03」 (正職員) ICTシステム全般 (開発系) 新卒および30歳以下の既卒者対象

技術開発・共用部門 または 情報基盤統括部門 (希望・適性等を考慮の上決定)

我が国のマテリアル革新力を左右するDXのために、世界トップレベル材料研究機関において、各種ICTシステムの企画・開発・運用、サイバーセキュリティ対応等に関わる以下の業務を担っていただきます。 最先端の研究開発から機関運営まで、当機構のさまざまな業務を支えるICTシステムやデータ基盤等の設計・開発・構築 構築したシステムを使ったサービスの運用・提供 (セキュリティ対応等を含む) 上記のようなICTシステムやICTサービスの企画研究機関ならではの、自由な発想による提案や新技術でも良いものなら積極的に取り入れる職場環境のもとで、ご経験やスキルに応じて、機構内の各種ICTプロジェク...


2023.03.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E23-04」 (正職員) HPC構築・運用技術

技術開発・共用部門

大規模・高性能スパコンシステムの更新・導入、研究・業務に必要な各種システム基盤の構築・運用等、機構内の計算資源およびICT資源全般に係る横断的な技術開発と支援業務を行う。 スパコンシステム更新に係る仕様作成および政府調達、導入後の各種移行支援と最適化 機構内の研究・業務システムの設計構築、運用および維持管理、セキュリティ対策を含むネットワーク設定 上記業務を遂行するため必要な外部機関および機構内部署との調整、研究技術支援


2023.03.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E23-05」 (正職員) 研究成果の橋渡し企画

外部連携部門

部門のコーディネータ及び外部支援機関と協業して、機構ミッションである成果の普及につなげる以下の業務。 企業等への知財ライセンス、共同研究等の連携、研究者による起業等の多様なオプションの情報発信及び渉外対応を通じた技術移転の促進 グローバル企業と中長期の研究連携に取組む企業連携センター及び特定領域の課題に複数企業及びアカデミアと取組む多者間連携の運営


2023.03.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E23-06」 (正職員) 化学物質管理

安全・基盤施設部門

革新的新材料の研究開発には、様々な試薬やガスが使われます。当機構で取り扱う試薬類を把握し、それらの危険性・有害性を評価することで法令遵守と研究者の安全衛生確保を実現するため、以下の業務を担います。 当機構で使用される高圧ガス及び薬品の管理業務 化学物質の危険性・有害性に対するリスクアセスメント業務 化学物質の安全データシートや取扱い時の安全対策の周知等、合理的科学的に研究現場の安全衛生を先導する自律的管理体制の確立に関する業務《 採用説明会を開催します 》 開催日時 : 2023年4月7日 (金) 14:00~15:00 開催方法 : Web開催 (Zoomミーテ...



エンジニア職採用説明会の開催について

NIMSのエンジニア職 (技術職) に興味のある方、ぜひご参加ください !

説明会の概要と参加申込方法


■ 開催日時 :  4月7日 (金) 14:00~  (15:00終了予定)
■ 開催方法 :  Zoomによるオンライン開催

■ 内  容 :
  • 物質・材料研究機構で働く魅力
  • エンジニア職の仕事内容
  • 先輩職員からのメッセージ
  • 募集分野の紹介
    E23-01 元素定量に関する分析・計測と技術開発
    E23-02 水素社会を支える材料信頼性評価と技術開発
    E23-03 ICTシステム全般 (開発系)
    E23-06 化学物質管理
  • 質問タイム  

■ 参加申込 :  以下リンクからお申込みください。参加申込期限は4月2日 (日) です。
      forms.office.com/r/GeRX7WJgaY
      フォームに入力されたメールアドレスへ、自動送信メールでZoomミーティング情報をお送りします。 
   
 (※) E23-04、E23-05 への応募を検討されている方も参加可能です !   
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


推薦書受理状況について

応募者はApplicant IDを使い、推薦書受理状況の確認を行うことができます。以下のファイルにてご確認ください。


定年制エンジニア職員の採用について

募集人数、雇用条件・待遇、募集・選考方針などについて

エンジニア職とは


NIMSが平成16年度から新たに設置したエンジニア職は、研究に関する新技術の開発および研究基盤構築の業務並びに調査分析、広報活動、研究環境構築等を行う職種です。例えば、
  • 各種の分析 (電顕、化学分析など) ・金属の溶解・加工・圧延など研究者からの要望に応じて測定、ものづくりを行う業務
  • 金属材料・高分子材料・結晶構造など各種のデータシート、データベースの作成・維持管理を行う業務
  • 共同利用を進めている強磁場施設の維持管理を行う業務
  • Webのコンテンツ設計、制作・編集、運営などを行う業務

などがエンジニア職の業務となります。NIMSでは研究を円滑に推進し多くの優れた研究成果を得る上で、装置、設備、プログラム設計などに関する独自の開発や高度化などを含む重要な職種と位置づけています。

研究職とは評価体系が異なり、業務目標管理型の評価を行っています。

現在NIMSには約70人のエンジニア職員が所属しています。


採用対象者

採用予定分野で必要とされる技能を有する方、あるいは今後必要な技能を身につけられる可能性のある方を採用します。


雇用条件・待遇

  • 任期は原則的にありません (定年制、2023~2024年度時点の定年 : 61歳) 。但し、採用時の審査の結果、実績を見た上で決定する必要があると判断された場合には、3年以下の任期 (博士号取得者等の場合は5年以下の任期の場合もあります) を付けて採用され、一定期間後に定年制移行審査を受けることができます。
  • 任期が付いた場合でも年収・勤務条件は定年制職員に準じ、文部科学省共済組合 (厚生年金、健康保険) 、労災保険、雇用保険が適用されます。
  • 国家公務員に準じ、定年年齢は2023年4月より2年毎に1歳段階的に引き上げられ、2031年4月以降は65歳になります。 (1967年4月2日以降生まれの方は、定年年齢が65歳になります。)
  • 65歳以前に定年退職となる場合、本人の希望により65歳まで再雇用される再雇用制度を利用することができます。


募集・選考の方針

  • 募集は公募を原則として行います。
  • 選考は書類審査と面接審査による、多面的かつ公平な審査を行っています。


採用データ

給与概算額 (2019年度見込み)

  • 学士取得後約13年 (35歳前後)  約636万円
  • 学士取得後約23年 (45歳前後)  約797万円
※上記は大学学部卒業を前提として、基本給、地域手当、職能手当及び賞与を含んだ金額です。

なお、上記金額はあくまで目安であり、採用された場合にこの金額を保証するものではありません。
給与は業務経験、年齢等によって異なります。


エンジニア職採用実績 (2022年4月1日現在)

  • 令和3年度 (2021年度) : 3人
    性別 男性 : 2人、女性 : 1人
    応募時年齢 40歳以上 : 3人
  • 令和2年度 (2020年度) : 3人
    性別 男性 : 2人、女性 : 1人
    応募時年齢 40歳以上 : 3人
  • 令和元年度 (2019年度) : 3人
    性別 男性 : 3人
    応募時年齢 31-39歳 : 2人、40歳以上 : 1人
  • 平成30年度 (2018年度) : 5人
    性別 男性 : 4人、女性 : 1人
    応募時年齢 31-39歳 : 1人、40歳以上 : 4人
  • 平成29年度 (2017年度) : 7人
    性別 男性 : 5人、女性 : 2人
    応募時年齢 30歳以下 : 2人、31-39歳 : 3人、40歳以上 : 2人
  • 平成28年度 (2016年度) : 4人
    性別 男性 : 2人、女性 : 2人
    応募時年齢 30歳以下 : 1人、31-39歳 : 2人、40歳以上 : 1人
  • 平成27年度 (2015年度) : 4人
    性別 男性 : 2人、女性 : 2人
    応募時年齢 31-39歳 : 2人、40歳以上 : 2人
  • 平成26年度 (2014年度) : 7人
    性別 男性 : 4人、女性 : 3人
    応募時年齢 31-39歳 : 4人、40歳以上 : 3人
  • 平成25年度 (2013年度) : 5人
    性別 男性 : 5人
    応募時年齢 31-39歳 : 3人、40歳以上 : 2人
  • 平成24年度 (2012年度) : 5人
    性別 男性 : 4人、女性 : 1人
    応募時年齢 30歳以下 : 1人、31-39歳 : 2人、40歳以上 : 2人
  • 平成23年度 (2011年度) : 2人
    性別 男性 : 1人、女性 : 1人
    応募時年齢 31-39歳 : 1人、40歳以上 : 1人
  • 平成22年度 (2010年度) : 0人


エンジニア職応募者数 (平成24~26年度公募)

専門分野指定公募   募集人数 : 各1名
       公募総数 : 14
       (適任者がいないために再公募した数も含む。)
             内訳
                応募者数5人以下   : 6
                応募者数6-10人    : 7
                応募者数10人以上  : 1
             平均応募者数  : 6人


お問い合わせ先 【定年制エンジニア職採用】

人材部門 人材開発室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1 TEL. 029-859-2555
E-Mail: nims-recruit=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)