令和4年度文部科学大臣表彰をNIMS職員5名が受賞

令和4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、NIMS職員5名が受賞しました。

この表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進などにおいて顕著な成果をおさめた人々の功績をたたえることで、科学技術に携わる人々の意欲向上を図り、日本の科学技術水準の向上に寄与することを目的として文部科学省が定めたものです。
今年度の受賞者は、以下の5名です。

【若手科学者賞】坂牛健桑 立雯万代俊彦
【科学技術賞 理解増進部門】中道康文、長谷部喜八

若手科学者賞 : 3名

萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象に贈られる賞です。

受賞者

若手科学者賞受賞者 : 坂牛 健 坂牛 健 (さかうし けん)
エネルギー・環境材料研究拠点 ナノ界面エネルギー変換グループ 主幹研究員

【業績名】

モデル電極を用いた多元電荷移動型エネルギー変換機構の研究

蓄電池や燃料電池などの電気化学デバイスを先進化させるためには、より高機能な電極材料を創製する必要があります。この目的のために、現状では十分とはいえない電気化学における基礎原理の理解を深め、より高度な学理を構築することが求められています。

氏は、電気化学反応の特性と相関のある電子構造を様々に制御可能なモデル物質を電極として駆使することで、当該反応の基礎原理における理解を深化させ、その知見を活用することで高次な電極材料設計指針および高度反応解析法を開拓しました。

本研究成果は、電気化学的エネルギー変換における先端学理を構築し、それを指針とすることで新規反応機構の探索や高機能実用材料の創出を目指すものです。本研究は、次世代電気化学デバイスの開発に繋がり、カーボンニュートラル社会達成に貢献できると期待されます。


受賞者

若手科学者賞受賞者 : 桑 立雯 桑 立雯 (さん りうえん)
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA)  独立研究者

【業績名】

分極場工学による窒化物半導体物性制御に関する研究

GaNに代表される窒化物半導体は、光源用LEDとして実用化されていますが、さらに幅広い応用も期待される材料です。しかし、窒化物半導体が分極物質であるため、材料内部に不可避的に大きな内部電界が生じ、多様なデバイス開発の障壁となっています。

氏は、「分極を利用する物性制御」を独自に提案し、窒化物ヘテロ界面における圧電分極と歪みの積極的活用と、バンドエンジニアリングの範囲の拡大に新たな道を拓きました。さらに、この物性制御によって、ナノスケールのキャリア輸送やフォノン伝搬を制御し、光・電子・MEMSデバイスの効率や信頼性が大幅に向上する事を実証しました。 

本研究成果は、窒化物デバイスの実用化に向け、エネルギーの効率化、超高速超低遅延通信、IoT社会の実現に貢献すると期待されます。


受賞者

若手科学者賞受賞者 : 万代 俊彦 万代 俊彦 (まんだい としひこ)
エネルギー・環境材料研究拠点 二次電池材料グループ 主任研究員

【業績名】

マグネシウム金属電池の動作実証と機能材料開拓に関する研究

資源制約がなく低コストで、リチウムイオン電池を凌駕する高エネルギー密度化が見込めるマグネシウム金属電池の研究開発において、正極およびマグネシウム金属負極双方に適合する電解質溶液の開発は、20 年以上に亘る長年の課題でした。

氏は、この状況を打開するには電解質塩の設計が重要であると看過し、錯体化学・構造物理化学・有機化学を融合することで、革新的な電解質溶液の開発に成功しました。負極開発にも世界に先駆けて着手し、マグネシウム金属の機能開拓にも成功しました。これらの革新材料により、マグネシウム金属負極および 3V 級正極を備えたマグネシウム金属電池の室温動作を実証するに至りました。

本研究成果は、マグネシウム金属電池研究の材料技術基盤を提供し、マグネシウム金属電池実現に資する材料開発の推進に大きく貢献すると期待されます。


科学技術賞 理解増進部門 : 2名

青少年をはじめ広く国民の科学技術に関する関心及び理解の増進等に寄与し、又は地域において科学技術に関する知識の普及啓発等に寄与した者を対象に贈られる賞です。

受賞者

若手科学者賞受賞者 : 万代 俊彦 中道 康文 (なかみち やすふみ)
経営企画部門 広報室 主任エンジニア
若手科学者賞受賞者 : 万代 俊彦 長谷部 喜八 (はせべ きはち)
経営企画部門 広報室 NIMS特別専門職

【業績名】

多機関連携によるオンラインを活用した科学技術の理解増進



似たキーワードを含む ニュース・新着論文紹介

2021.04.08
令和3年度文部科学大臣表彰をNIMS職員が受賞 (文部科学大臣表彰,受賞,若手科学者賞,科学技術振興,科学技術賞)
2020.05.01
令和2年度文部科学大臣表彰をNIMS職員が受賞 (文部科学大臣表彰,受賞,若手科学者賞,科学技術賞)
2018.05.21
平成30年度文部科学大臣表彰をNIMS職員が受賞 (文部科学大臣表彰,若手科学者賞,科学技術賞,理解増進部門)