ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2008年 > カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) とMOUを調印

カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) とMOUを調印

2008.03.20
(2008.04.01 更新)


平成20年3月20日、コーティング・複合材料センターはUCLAの材料工学科と「高性能炭素繊維とハイブリッド複合材料の研究」に関する共同研究を進めるためのMOUを調印しました。

「写真 左から、香川複合材料グループリーダー、 UCLA材料工学科Yang教授、内藤複合材料グループ研究員」の画像

写真 左から、香川複合材料グループリーダー、 UCLA材料工学科Yang教授、内藤複合材料グループ研究員



平成20年3月20日、コーティング・複合材料センターはカリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) の材料工学科と「高性能炭素繊維とハイブリッド複合材料の研究」に関する共同研究を進めるための覚書 (MOU) を調印しました。 UCLAの材料工学科のYang教授はコーティング・複合材料センターの複合材料グループと付き合いが古く、すでに10年以上前から親交があります。平成 17年3月にNIMS主催のThe 3rd NIMS International Conference "Materials for Human Safety"、平成19年3月の第1回NIMS複合材料グループワークショップでハイブリッド材料に関する講演を行っていただきました。 今回の調印により、国際共同研究や人的交流、共同ワークショップの開催などにおいて協力を深める予定です。


似たキーワードを含む ニュース

2008.07.17
2008.01.18
2007.03.21