科学情報プラットフォームとして、学術的な視点と情報学の観点から科学情報の収集と発信を推進

2021.08.03 更新

NIMSでは、情報学の観点から科学情報の収集と発信を推進しています。物質材料研究の専門機関としての特長を活かし、生成される情報を積極的にNIMS内はもとより、国内外に広く発信すると共に、関連機関との連携を通じて情報流通を促進しています。

科学情報による研究環境の支援を目指して

NIMSの統合型材料開発・情報基盤部門材料データプラットフォームセンターでは、以下のような科学情報に関するプロジェクトの企画・設計、開発・運用支援を行っています。これら情報流通プラットフォームという観点から、研究環境を支援することを目指しています。

  • 科学情報の電子的収集および保管
  • 電子化した科学情報、研究情報の流通支援
  • 学術ジャーナルなど、研究成果の出版
  • 機関リポジトリおよび所蔵資料の権利管理


主な取り組み

学術誌「STAM」
物質材料研究所ならではの質の高い査読と編集体制により、優れた材料研究論文を選択的に集め、物質材料に関する主要研究を網羅する英文学術論文誌です。
STAM姉妹誌「STAM Methods」
STAMの姉妹誌として2021年に創刊。マテリアルズインフォマティクス、機械学習、ハイスループット合成・評価、など物質材料研究を加速する手法に特化した英文学術論文誌です。STAMと同様にゴールドオープンアクセスジャーナルとして、web上で誰もが論文を閲覧できます。
専門書「NIMS Monographs series」
材料研究の原理・理論から最近の応用事例まで、各分野に特化した専門書としてNIMS研究者が執筆し、パートナー出版社であるSpringerから刊行しています。
研究者総覧「SAMURAI」
NIMSの研究者情報を、名前・研究ユニット名・論文からと任意のキーワードから検索できます。
材料データリポジトリ「MDR」
(別ウィンドウで開きます)
試料・装置・手法などの情報や収録データ全文から、必要とする文献やデータを検索し、自由に閲覧できるデータリポジトリです。

科学情報発信に関するお問い合わせ先

統合型材料開発・情報基盤部門 材料データプラットフォームセンター
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL. 029-859-2494
FAX. 029-859-2400