ホーム > NIMSについて > 採用情報 > 定年制職員の採用

NIMSへの就職に興味がある研究者や大学院生の方々へ

NIMS職員の採用形式には、任期の定めがない(但し定年は60歳まで)「定年制職員」と、一定の任期後に定年制職員への登用の可能性がある「キャリア形成職員」、そして任期付き雇用の「任期制職員」があります。このコーナーでは、定年制職員の採用や応募方法、募集情報などをご紹介します。


定年制職員の採用 情報

2019.04.17 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E19-01」 (正職員) 化学分析・機器分析による元素定量分析 

技術開発・共用部門, 材料分析ステーション, 化学分析・X線回折グループ

化学分析および機器分析による無機材料・有機材料を構成する元素の精密元素定量分析を中心とした機構内外への分析支援業務 (依頼分析対応、装置オペレーション、ユーザーへの化学分析教育、装置保守・管理) 。 化学分析を基盤とした新規分析法開発、分析技術の標準化および分析信頼性確保に対応した分析技術体系構築に関する業務。


2019.04.17 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E19-02」 (正職員) スパコン運用、技術開発・支援

技術開発・共用部門, 材料数値シミュレータステーション

理論・計算に基づく物質・材料研究の基盤を支えるスーパーコンピュータ「材料数値シミュレータ」の効率的運用および利用支援を行う。 ユーザーに対する技術支援 (接続方法・プログラムの設定・ジョブの実行方法、および各種問い合せ対応) プログラムの最適化・効率化・並列化に関する開発支援 スパコンと付随するネットワーク装置(VPN等)の運用業務・アカウント管理・セキュリティ管理・保守 (関連部署、スパコンベンダーとの協業を含む) その他、ステーション運営業務全般 (稼動・利用状況の調査分析、利用制度設計及び実施方法の策定、業務システムの構築運用等)


2019.04.17 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E19-03」 (正職員) IT基盤全般 (主に情報通信ネットワーク及び基幹ITサービスならびにITセキュリティ)

安全・基盤施設部門, IT室

機構全体の情報通信インフラ (ネットワーク/サーバー) 及び基幹ITサービス、並びにITセキュリティに関する総合的な業務及びその他IT業務。具体的には以下のとおり。 機構全体の情報通信インフラ、基幹サーバシステム及びサービス (メール/公開Web/グループウェア等) の改善検討、計画立案・執行、運用管理・監督 上記に係るベンダーコントロール 1. を主とした機構全体のITセキュリティに係る改善検討、計画立案・執行、管理 1. 及び 3. に係る事務部門や研究部門からの相談への対応や技術的助言等による支援 当部署が管理するITサブシステムやサービスの改善検討、計画立...


2019.04.17 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E19-04」 (正職員) 研究支援分野 (放射光、透過電子顕微鏡、機械加工、溶解・熱処理、機械的特性評価、疲労腐食評価)

技術開発・共用部門, 構造材料研究拠点 など, (配属先は、研究支援を主要業務とする部署で内定者の適性をもとに決定)

NIMSは、物質・材料に関する広い分野の研究を行っています。高度な知識と技能を有し、最先端の装置開発、新材料開発、評価・解析等への研究支援を意欲的に取り組むことができる定年制エンジニアの募集を行っています。放射光、透過電子顕微鏡、機械加工、溶解・熱処理、機械的特性評価、疲労腐食評価の分野で研究支援する人材を採用します。経験が浅くても理工学の基礎知識を有して研究支援への強い意欲を有する若手人材も歓迎します。【募集分野と配属予定部署】① 放射光 : 高輝度放射光ステーション② 透過電子顕微鏡 : 電子顕微鏡ステーション③ 機械加工 : 材料創製・加工ステーション 材料加工グループ④ 溶解・熱処理 ...


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-01」 (正職員) 物質・材料一般

配属先は、当機構が推進する研究分野で、内定者の適性をもとに決定, (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

NIMSは、物質・材料に関する広い分野の公募を行っています。材料工学 (構造材料・セラミックス・微粒子/粉体) 、応用物性学 (デバイス材料・化合物半導体・センサー・電池材料・磁性材料・ナノマテリアル) 、材料化学 (無機材料・有機材料・バイオマテリアル) 、材料データ科学、他、物質・材料に関する研究である限り、応募者の専門分野を問いません。海外からの応募や企業経験者も歓迎します。世界最高水準の次世代物質・材料研究を担える人材を採用します。配属先 : 当機構が推進する研究分野で、内定者の適性をもとに決定します。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に...


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-02」 (正職員) 物質・材料一般 (女性のみ応募可能)  

配属先は、当機構が推進する研究分野で、内定者の適性をもとに決定, (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

NIMSは、物質・材料に関する広い分野の公募を行っています。材料⼯学 (構造材料・セラミックス・微粒子/粉体) 、応⽤物性学 (デバイス材料・化合物半導体・センサー・電池材料・磁性材料・ナノマテリアル) 、材料化学 (無機材料・有機材料・バイオマテリアル) 、材料データ科学、他、物質・材料に関する研究である限り、応募者の専門分野を問いません。海外からの応募や企業経験者も歓迎します。世界最高水準の次世代物質・材料研究を担える女性研究者を採用します。 重複応募 : ご自身のこれまでの研究成果およびNIMSにおける研究計画が一致している場合には、分野を指定した公募 (R19-03~R19-11...


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-03」 (正職員) 圧電・電歪材料

機能性材料研究拠点, 内定者の適性に応じて配属グループを決定 (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

圧電・電歪材料等をベースとした高効率に電気エネルギーと機械エネルギーとの変換を担う材料を開発する。既存の圧電材料等の課題の克服や、産業化を見据えた材料の開発を目指す。新規圧電体や新規駆動原理の探索、ハイブリッド構造の構築や素子構造の開拓などを通じ、電気エネルギーと機械エネルギーとの高効率変換を担う材料の開発に意欲的に取り組む者を求める。無機系圧電材料分野に限らず、有機系や電気化学系の研究者を含め、広く募集する。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に応募してください。卓越研究員候補者の場合、配属先は拠点直属となります。


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-04」 (正職員) マルチスケール計算材料科学

エネルギー・環境材料研究拠点, 界面計算科学グループ (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

電池・触媒に関連する無機・有機・液体・高分子材料および表面・界面過程の機能創出に関する計算科学研究に取り組む。特に第一原理・量子化学計算だけでは取り扱いが難しいマルチスケール反応・プロセスを対象とし、AI手法との連成や (力場・粗視化・連続体・速度論モデルなどの) マルチスケール計算プログラム作成を通して、その課題解決・学理構築を目指す。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に応募してください。卓越研究員候補者の場合、配属先は拠点直属となります。


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-05」 (正職員) 磁化ダイナミクス計測 

磁性・スピントロニクス材料研究拠点, 磁気記録材料グループ (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

超高密度磁気ストレージや磁気メモリで使われる高い磁気異方性を持つ磁性薄膜の高効率な磁化反転を実現するための研究を行う。熱・光・マイクロ波などの外部エネルギーを印加することによる磁化反転ダイナミクスの変化を明らかにし、その知見を基に材料パラメータ制御による高効率磁化反転を実現し、磁気ストレージ・メモリデバイスの高密度化を目指した研究を行う。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に応募してください。卓越研究員候補者の場合、配属先は拠点直属となります。


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-06」 (正職員) 構造用セラミックス・複合材料 (CMC)

構造材料研究拠点, セラミックス基複合材料グループ (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

セラミックス基複合材料 (CMC) および構造用セラミックス (コーティング等を含む) の材料設計およびそれを具現化するプロセスの開発を行う。また、それらの材料の力学特性・破壊機構評価技術の開発、CMC検査技術に関する研究を行う。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に応募してください。卓越研究員候補者の場合、配属先は拠点直属となります。


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-07」 (正職員) 材料強度、物理冶金

構造材料研究拠点, 材料強度基準グループ (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

NIMSクリープデータシートで蓄積された長時間のクリープ試験データ及び試験材等を活用し、材料組織の変化や損傷の進展挙動を観察及び解析するとともに理論的考察に基づいて、耐熱材料の実使用環境下におけるクリープ機構を解明する。それらの学術的知見に基づいて、発電プラント等の高温機器に関する材料規格や設計基準の高度化を目指す。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に応募してください。卓越研究員候補者の場合、配属先は拠点直属となります。


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-08」 (正職員) 溶接・接合技術

構造材料研究拠点, 溶接・接合技術グループ (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

新しい構造材料に適用できる溶接・接合技術の研究を行う。アーク現象 (プラズマ現象) や高温熱現象の解明、溶接・接合プロセス制御 (革新的溶接・接合技術の開発) や、溶接・接合部の特性制御に関する研究を行う。さらに、溶接・接合の観点から新材料の開発や構造体化研究に関して指導的役割を果たす。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に応募してください。卓越研究員候補者の場合、配属先は拠点直属となります。


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-09」 (正職員) 材料を基盤とするメカノバイオロジー

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA), メカノバイオロジーグループ (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

生命現象や病態における力学作用に注目するメカノバイオロジーを研究する。特に「力」の計測・制御のための材料や,メカノバイオロジーのコンセプトに基づいた創薬・治療デバイスの開発を行う。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に応募してください。卓越研究員候補者の場合、配属先は拠点直属となります。


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-10」 (正職員) ナノバイオサイエンス

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA), ソフト化学グループ (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

量子性に基づき新奇光物性を示すナノ粒子合成、表面化学や自己組織化等を巧みに活用した材料化、および応用研究を行う。特に、次世代医療応用に向けたフォトニクスや熱フォノニクスの開拓およびオプトエレクトロニクス素子創製に関する研究を行う。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に応募してください。卓越研究員候補者の場合、配属先は拠点直属となります。


2019.04.12 定年制 研究職

研究職「R19-11」 (正職員) 表界面物理計測、表面分光 

先端材料解析研究拠点, 表界面物理計測グループ (卓越研究員候補者の場合は拠点直属)

超高真空の計測装置を用いて物理学および表面科学のアプローチを図ることで、水素材料開発および材料中水素挙動の研究を躍進させる。動的な水素挙動を可視化する測定装置、たとえば高い空間分解能を付加したSIMSやESDを開発し、ナノ視点からの材料開発を行う。※卓越研究員事業の公開ポストへの応募は、事前連絡として本公募または相当する他の公募に応募してください。卓越研究員候補者の場合、配属先は拠点直属となります。


2019.03.14 定年制 事務職

事務職員の採用[独自試験採用枠]

国立研究開発法人物質・材料研究機構は、環境・エネルギー負荷の低減と安心・安全な社会基盤の構築といった社会的ニーズに応える材料の研究開発を行っています。この度、物質・材料分野で世界をリードする役割を果たしていく当機構の事務部門において、企画・総務又は施設管理などの業務を行う事務職員 (定年制・正社員に相当) を募集します。※2019年4月21日 (日) に物質・材料研究機構一般公開の一環として、採用説明会を開催します (事前申込み不要) 。開催場所 : 国立研究開発法人物質・材料研究機構 (並木地区) 開催スケジュール : 【第1回】10 : 30〜11 : 30【第2回】13 : 30〜14 ...


2019.03.14 定年制 事務職

事務職員の採用[国立大学法人等職員採用試験枠]

国立研究開発法人物質・材料研究機構は、環境・エネルギー負荷の低減と安心・安全な社会基盤の構築といった社会的ニーズに応える材料の研究開発を行っています。この度、物質・材料分野で世界をリードする役割を果たしていく当機構の事務部門において、企画・総務または施設管理などの業務を行う事務職員 (定年制・正社員に相当) を募集します。



キャリア形成職員・任期制職員の募集について

キャリア形成職員および任期制職員については、各職種の募集要項をご覧ください。