ホーム > 研究情報 > 拠点 / 企業連携センター > エネルギー・環境材料研究拠点

エネルギー・環境材料に関する世界トップ拠点を目指して

エネルギー・環境材料研究拠点では、多様で高効率なエネルギー利用を実現するためのネットワークシステムを意識したエネルギー・環境材料の開発を行います。エネルギーフローにおいて機能性材料がデバイスの成否を握る太陽電池、蓄電池、水素製造、熱電デバイス等に関わる材料開発を行うとともに、エネルギー変換・貯蔵の共通基盤となる電極触媒の開発、理論計算科学による機構解明とマテリアルズ・インフォマティクスの活用により材料開発を加速します。

拠点内には、水素社会の実現に向けて、高効率液体水素製造を可能とする磁気冷凍技術に関わる材料開発、システム開発を担う液体水素材料研究センターと、次世代蓄電池開発の基盤設備群である蓄電池基盤プラットフォームを備え、エネルギー・環境材料に関する世界トップ拠点を目指します。

News

開発Mg-Ca合金材の微細組織観察例
2020.09.30 更新 プレスリリース

合金設計技術を応用してマグネシウム金属電池の容量向上に成功

~構造材開発の知見を電池に活かす 低コストかつ大容量蓄電池の実現へ前進~

2020.08.12 更新 プレスリリース

2020.06.12 更新 ニュース


エネルギー・環境材料研究拠点 組織構成

※2020年4月1日組織改編

拠点長 高田 和典(別ウィンドウで開きます)
副拠点長 篠原 嘉一(別ウィンドウで開きます)
武田 良彦(別ウィンドウで開きます)
研究グループ 二次電池材料グループ(別ウィンドウで開きます) 高田 和典 (併任) 
全固体電池グループ(別ウィンドウで開きます) 大西 剛
太陽光発電材料グループ(別ウィンドウで開きます) 白井 康裕
ナノ界面エネルギー変換グループ(別ウィンドウで開きます) 野口 秀典
界面計算科学グループ(別ウィンドウで開きます) 館山 佳尚
先進低次元ナノ材料グループ(別ウィンドウで開きます) 唐 捷
拠点長付 上席研究員 篠原 嘉一 (併任)
森 利之(別ウィンドウで開きます)
野田 武司(別ウィンドウで開きます)
独立研究者 阿部 英樹(別ウィンドウで開きます)
高際 良樹(別ウィンドウで開きます)
玉手 亮多(別ウィンドウで開きます)
液体水素材料研究センター(別ウィンドウで開きます) センター長 清水 禎(別ウィンドウで開きます)
磁気冷凍システムグループ(別ウィンドウで開きます) 神谷 宏治
強磁場計測グループ(別ウィンドウで開きます) 今中 康貴
磁気冷凍材料グループ(別ウィンドウで開きます) 櫻井 裕也
水素材料制御グループ(別ウィンドウで開きます) 武田 良彦 (併任)
蓄電池基盤プラットフォーム(別ウィンドウで開きます) プラットフォーム長 山口 祥司
電気化学エネルギーデバイスチーム チーム長 金村 聖志
運営室 室長 篠原 嘉一 (併任)


Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。

お問い合わせ先

エネルギー・環境材料研究拠点 運営室
〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1
TEL. 029-860-4953
FAX. 029-860-4981
E-Mail : energy_= ml.nims.go.jp ([ = ] を [ @ ] にしてください)