エネルギー・環境材料に関する世界トップ拠点を目指して

2022.04.20 更新
エネルギー・環境材料研究拠点では、多様で高効率なエネルギー利用を実現するためのネットワークシステムを意識したエネルギー・環境材料の開発を行います。エネルギーフローにおいて機能性材料がデバイスの成否を握る太陽電池、蓄電池、水素製造、熱電デバイス等に関わる材料開発を行うとともに、エネルギー変換・貯蔵の共通基盤となる電極触媒の開発、理論計算科学による機構解明とマテリアルズ・インフォマティクスの活用により材料開発を加速します。
 
拠点内には、水素社会の実現に向けて、高効率液体水素製造を可能とする磁気冷凍技術に関わる材料開発、システム開発を担う液体水素材料研究センターと、次世代蓄電池開発の基盤設備群である蓄電池基盤プラットフォームを備え、エネルギー・環境材料に関する世界トップ拠点を目指します。


News

受賞したNIMS研究者5名の顔写真
2022.04.15 更新 ニュース・新着論文紹介
2022.04.11 更新 プレスリリース

革新的水素液化技術への挑戦

~実用的な磁気冷凍法による水素液化コスト削減に道~

2022.03.23 更新 プレスリリース


研究組織


お問い合わせ先

エネルギー・環境材料研究拠点 運営室
〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1
TEL. 029-860-4953
FAX. 029-860-4981
E-Mail: GREEN=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)