ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > オープンイノベーション拠点TIAの運営に東北大学が参画

オープンイノベーション拠点TIAの運営に東北大学が参画

—東北大学の強みである半導体 (IoT/AI) 分野を中心に、日本の産業競争力向上に寄与—

2020.03.31
(2020.04.01 更新)


国立研究開発法人 産業技術総合研究所
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
国立大学法人 筑波大学
大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
国立大学法人 東京大学
国立大学法人 東北大学

東北大学は、2020年4月1日付けでオープンイノベーション拠点TIAの運営に6番目の中核機関として参画しました。

概要

東北大学は、2020年4月1日付けでオープンイノベーション拠点TIAの運営に6番目の中核機関として参画しました。 今回の参画を機に、TIAの既存5機関との交流をさらに深め、次の2つのアクションを強化することで、TIAが推進するイノベーションエコシステムの構築に貢献するとともに、社会実装を通じて、半導体 (IoT/AI) 分野を始めとした各分野において日本の産業競争力の向上を目指します。

1.半導体 (IoT/AI) 分野の連携強化

それぞれの機関が持つ能力や強みを結集し、IoT/AIチップの実証段階までを包含するイノベーションエコシステムとして循環させることで、国内外の産業界への高い訴求力を持つIoT/AIチップおよびシステムの開発につなげます。
■東北大学の強み
- STT-MRAMなどの超低消費電力のメモリ、およびそれらを活用した革新的なIoT/AIチップの設計/試作能力
- 豊富な産学連携・国際連携の関係構築ノウハウ
■TIAの強み
- 各機関の研究開発のプラットフォームを連携・拡充することにより、半導体IoT/AIチップの設計から検証までの広範囲をカバーできる体制をダイナミックに整備
①研究拠点の相互設置
東北大学・青葉山キャンパスにある国際集積エレクトロニクス研究開発センター (CIES) と、産総研・つくば西にあるTIA推進センター内に相互の研究開発拠点をそれぞれ常駐可能な形で設置し、密度の高いスピーディな研究開発を実現
②人材交流の促進
クロスアポイントメント制度などを活用したフレキシブルな人材交流を促進

2.その他の連携

①連携探索プログラム「かけはし」への参画
分野融合、複数機関連携による基礎から応用まで技術の橋渡しを促進し、企業を含む連携研究開発を推進します。
②共用施設活動への参画
TIA共用施設活動への参画により、アクセス可能なユーザー利便性の高い研究インフラを拡充します。
具体的には、東北大学マイクロシステム融合研究開発センター (試作コインランドリ) との連携強化を進めて参ります。
③人材育成活動への参画
TIA連携大学院などの活動への協力を検討していきます。

関連画像


お問い合わせ先

国立大学法人 東北大学
産学連携機構 総合連携推進部
電話 : 022-795-5274

(取材に関する窓口)

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
企画本部 報道室
〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1中央第1
TEL: 029-862-6216
FAX: 029-862-6212
E-Mail: E-Mail: press-ml=aist.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)

(報道・広報に関すること)

国立研究開発法人 物質・材料研究機構
経営企画部門 広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL: 029-859-2026
FAX: 029-859-2017
E-Mail: pressrelease=ml.nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。