ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2004年 > 固体電解質中での金属原子移動を利用したスイッチにより半導体回路の組み替え動作を実現

固体電解質中での金属原子移動を利用したスイッチにより半導体回路の組み替え動作を実現

回路利用効率が高く応用範囲の広いプログラマブルロジックへ道

日本電気株式会社
独立行政法人物質・材料研究機構
独立行政法人科学技術振興機構

NEC、NIMS、JSTはこのたび、固体電解質中での金属原子移動を利用したスイッチを開発すると共に、この素子を用いて回路使用効率が約10倍高く、応用範囲の広いプログラマブルロジックの基本回路を試作し、その回路の組み替え動作を行うことに成功した。

概要

NEC (代表取締役社長 : 金杉 明信) 、独立行政法人物質・材料研究機構 (NIMS、理事長 : 岸 輝雄) 、独立行政法人科学技術振興機構 (JST、理事長 : 沖村 憲樹) はこのたび、固体電解質中での金属原子移動を利用したスイッチ「NanoBridgeTM」を開発すると共に、この素子を用いて回路使用効率が約10倍高く、応用範囲の広いプログラマブルロジック (プログラマブルCBIC) の基本回路を試作し、その回路の組み替え動作を行うことに成功しました。



お問い合わせ先

研究内容に関すること
NEC
研究企画部 企画戦略グループ
TEL:044-856-2054 (直通)
独立行政法人科学技術振興機構
研究推進部 研究第三課
高木
TEL:048-226-5636
報道担当
NEC
コーポレート・コミュニケーション部
楓/福本
TEL:03-3798-6511 (直通)
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017
独立行政法人科学技術振興機構
広報室
TEL:048-226-5606

似たキーワードを含む プレスリリース

2007.06.12
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。