ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2003年 > 安価でアレルギー性の低い歯科部材の共同開発を開始

安価でアレルギー性の低い歯科部材の共同開発を開始

ニッケルフリーステンレス鋼製の歯科部材の実用化に着手

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMS生体材料研究センターとデンツプライ三金株式会社の研究開発チームは、高い力学的強度と耐食性を有するニッケルフリーステンレス鋼を素材とする歯科部材の共同開発を開始した。

概要

独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 岸 輝雄) 生体材料研究センター (センター長 : 田中 順三) 機能再建材料グループの塙 隆夫 ディレクター、黒田 大介 研究員とデンツプライ三金株式会社 (代表取締役社長 : 谷口 譲、本社 : 東京都文京区湯島3-14-9) の研究開発チームは、高い力学的強度と耐食性を有するニッケルフリーステンレス鋼を素材とする歯科部材の共同開発を開始した。

共同開発では、物質・材料研究機構が開発した窒素吸収処理を利用したニッケルフリーステンレス鋼の製造技術とデンツプライ三金株式会社の優れた歯科部材製造技術とを融合させ、ニッケルフリーステンレス鋼から小型で複雑な形状の歯科部材を安価に製造する技術の開発を行う。

最終的には、窒素を含まない柔らかい状態で精密な歯科部材の製品形状に加工し、その後製品に窒素吸収させることで、力学的強度、耐食性や生体適合性を高める新しい歯科部材製造技術を確立し、2004年度中のニッケルフリーステンレス鋼製の歯科部材・器具の販売を目指す。


お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構
生体材料研究センター 機能再建材料グループ
ディレクター
塙 隆夫 (はなわ たかお)
TEL:029-859-2485
研究員
黒田大介 (くろだ だいすけ)
TEL:029-859-2430
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。