電気化学会「電気化学会功績賞」を金村聖志 NIMSフェロー、「電気化学会進歩賞(佐野賞)」を松田翔一 主任研究員が受賞

公益社団法人電気化学会より、2023年度「電気化学会功績賞」が金村聖志NIMSフェローに、2023年度「電気化学会進歩賞 (佐野賞) 」がエネルギー・環境材料研究拠点 固体電池材料グループ 松田翔一 主任研究員のそれぞれに授与されました。

金村聖志NIMSフェローの顔写真

金村聖志 NIMSフェロー


松田翔一 主任研究員の顔写真

松田翔一 主任研究員



電気化学会功績賞は、電気化学会正会員として永年にわたって学会活動を行い、かつ、電気化学および工業物理化学の進歩・発展に顕著な功績をあげた者に授与されます。

電気化学会進歩賞 (佐野賞) は、表彰年4月時点で満35才以下の者で、電気化学および工業物理化学に関する研究または新しい技術開発を進め、その進歩が顕著であると認められ、かつその業績を電気化学会会誌ならびに関連学協会誌に発表した者に授与されます。
松田翔一主任研究員の受賞業績は「リチウム空気二次電池の高重量エネルギー密度化に関する研究」です。