ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2013年 > アルジェリア駐日大使がNIMSを訪問

アルジェリア駐日大使がNIMSを訪問

2013.02.14
(2013.02.15 更新)


平成25年2月14日、アルジェリアのシド・アリ・ケトランジ駐日大使が潮田理事長を訪問されました。

「理事らとの懇談」の画像

理事らとの懇談



大使はNIMSの概要説明を受けられた後、潮田理事長、理事らと懇談をされました。アルジェリアでも若手研究者や大学院生の教育は大きな課題であり、NIMSで行っている海外および国内の大学との連携大学院やインターンシップ制度について深い関心を示されました。
 
また、基礎研究の成果をどう社会へ還元し、普及させていくかについて意見交換をされました。その後、大使はNIMSにおける超伝導に関する研究の説明を聞かれ、関連する施設を視察されました。
 
今後、若手研究者や大学院生の交流に関する協力が期待されます。