ホーム > 広報活動 > ムービーライブラリ > 最新研究映像 NIMSの力! > タマムシが 老朽化したインフラの発見を容易に!?

タマムシが 老朽化したインフラの発見を容易に!?

最新研究映像 NIMSの力 9

解説

見事な輝きのタマムシ、水辺の宝石と言われるカワセミ。 
独特の金属光沢があるこれらの色、
実は色素がないのに色を出しています。

光は、非常に細かく周期的な形を持った
構造の表面にあたると、 1つの波長の光だけを
反射してくる性質があります。

こうして生み出される色の光、これを『構造色』といいます。
色素ではなく、モノの形が作り出す色。
時間を経ても色あせることがなく、 長持ちします。

NIMSは、タマムシの構造を真似て、
同じように光るシートを作り出しました。

このシート、1つ大きな特徴があります。
変形すると色が変わるんです。

例えば橋を支える鉄骨にこのシートを貼れば、
橋が変形してきたときに色が変わって
わかりやすいサインを発してくれるかもしれません。

どのように光るのか、なぜそんなことが起きるのか。
このビデオですべてがわかります !

Copyright © 2014 NIMS. All Rights Reserved.


YouTubeプレーヤー右下のマーク (右図) を
クリックして、全画面モードでご覧下さい。