ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2004年 > 宇宙関連材料強度データシートの発行について

宇宙関連材料強度データシートの発行について

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMSは、中期計画における知的基盤の充実に向けた取り組みの一環として、国産のロケットに用いられる材料の特性取得と信頼性向上を図り、宇宙関連材料強度データシートを発行した。

概要

独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 岸 輝雄) は、中期計画における知的基盤の充実に向けた取り組みの一環として、国産のロケットに用いられる材料の特性取得と信頼性向上を図り、宇宙関連材料強度データシートを発行した。

今回発行したのは、『No.3 Ti-5Al-2.5Sn ELI合金小型鍛造材 (φ160鍛造材) の極低温破壊靱性および高サイクル疲労特性データシート』および『No.4 アロイ718 (1318 K 溶体化処理) 母材、溶接継手の破壊靭性および高サイクル疲労特性データシート』である。

このプロジェクトは、クリープと疲労データシートで30年以上の実績がある物質・材料研究機構と、宇宙航空研究開発機構との連携で推進している。今後、ロケットに用いられる先進材料のチタン合金、Alloy718、銅合金、超合金等のデータシートの発行を予定している。


お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構
材料基盤情報ステーション
極低温材料グループ
緒形 俊夫 (おがた としお)
TEL : 029-859-2341
FAX : 029-859-2301
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017

似たキーワードを含む プレスリリース

2013.04.16
宇宙関連材料強度データシートの発行について (宇宙関連材料強度データシート)
2012.04.13
宇宙関連材料強度データシートの発行について (宇宙関連材料強度データシート)
2011.03.31
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。