東北大学と物質・材料研究機構との戦略的共同研究パートナーによる共同研究の推進

2021.04.30


物質・材料研究を牽引する東北大学と物質・材料研究機構では、平成25年11月12日に締結した「連携・協力に関する協定書」に基づき、これまでも様々な連携を行ってきました。令和元年度からは、これを一歩進め、両機関の強みを掛け合わせ相乗効果を上げる戦略的な「共同研究パートナー」として、両機関の合同審査にて選定された研究課題の共同研究を推進しています。

このたび、マテリアル革新力強化のための政府戦略を踏まえ、データ駆動型の材料科学研究を対象に新たに募集し、両機関の合同審査にて2研究課題を選定しました。令和3年度は、継続課題を含めた8研究課題によって両機関の強みを有する戦略的な共同研究を一層推進します。

共同研究パートナーは、クロスアポイントメント制度を活用して両機関に共同雇用され、それぞれの強みである最先端研究機器や優秀な研究人材を共有し卓越した研究成果を世界に発信していきます。

この共同研究パートナーによる研究の推進により、材料研究のフロンティアを次々に生み出す世界的な拠点を形成するとともに、両機関の人材交流を格段に活発化することが期待されます。

※研究期間は、原則3年間とし、審査のうえで2年間の更新が可能です。
※クロスアポイントメント制度とは
研究者等が大学や公的研究機関、民間企業の間で、それぞれと雇用契約を結び、それぞれの機関での役割に応じて研究開発や教育に従事することを可能にする制度です。

「共同研究パートナー」研究課題

【新規課題】
中核研究者(東北大) 中核研究者(NIMS) 課題名
岡部 朋永【責任者】
工学研究科 教授
内藤 公喜
構造材料研究拠点 グループリーダー
データ駆動科学・計算科学に基づく炭素繊維強化複合材料の構造形成と特性発現機構の解明
芥川 智行【責任者】
多元物質科学研究所 教授
竹内 正之
機能性材料研究拠点 グループリーダー
分子性ハイブリッド機能材料の開発
【継続課題】
中核研究者(東北大) 中核研究者(NIMS) 課題名
関 剛斎
金属材料研究所 准教授
内田 健一【責任者】
磁性・スピントロニクス材料研究拠点
グループリーダー
スピンフォノニクスの基礎学理と応用機能の開拓
岡本 聡
多元物質科学研究所 教授
高橋 有紀子【責任者】
磁性・スピントロニクス材料研究拠点
グループリーダー
組織制御と磁化反転制御に基づく高性能硬質磁性材料の創製
成島 尚之
工学研究科 教授
佐原 亮二【責任者】
構造材料研究拠点 グループリーダー
実験と計算の融合による高温酸化反応プロセス機構解明と材料設計
熊谷 明哉【責任者】
材料科学高等研究所 准教授
塚越 一仁
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
MANA主任研究者
2D量子マテリアルの機能創発のための電気化学分析と素子化
中村 哲也【責任者】
多元物質科学研究所 教授
Sepehri-Amin Hossein
磁性・スピントロニクス材料研究拠点
主幹研究員
AIと次世代放射光計測の融合によるグリーン磁性材料の創発学理の構築
秋山 英二【責任者】
金属材料研究所 教授
廣本 祥子
構造材料研究拠点 グループリーダー
構造材料の水素脆化とその抑制


本件問合せ先

東北大学
研究推進部研究推進課
TEL : 022-217-5014
E-Mail: kenkyo-kikaku=grp.tohoku.ac.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
グローバル中核部門 グローバル連携室
TEL : 029-859-2477
E-Mail: academic-collaboration=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)

似たキーワードを含む ニュース

2020.04.30
東北大学とNIMSとの戦略的共同研究パートナーによる共同研究の推進 (東北大学,共同研究,協定,共同研究パートナー,研究課題,クロスアポイントメント制度)
2019.11.22
2019.11.07
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。