ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 材料データ利活用に貢献するウェブサイト「DICE」と「MDR」を開設

材料データ利活用に貢献するウェブサイト「DICE」と「MDR」を開設

~ 材料データの収集・蓄積・公開、データ駆動型研究の促進へ向けて ~

NIMS 統合型材料開発・情報基盤部門 材料データプラットフォームセンターは、材料分野におけるデータ駆動型研究の促進に貢献する「Materials Data Repository (MDR)」および材料データプラットフォーム「DICE (ダイス)」のWebサイトを、2020年6月15日から公開いたしました。

「MDRのロゴ (上) およびDICEのロゴ (下)」の画像

MDRのロゴ (上) およびDICEのロゴ (下)



研究成果の公開は、論文や学会発表という形で行われてきましたが、近年はそれらをサポートするデータとあわせて公開したり、あるいはデータそのものを単独で公開することにより、データのさらなる利活用をはかることが重要になってきています。

MDRは、論文や学会発表資料等および付随する研究データを収集・保存し、物質・材料研究の推進やマテリアルズ・インフォマティクスに適した形で蓄積・公開するためのデータリポジトリです。ユーザーは、試料・装置・手法などの情報 (メタデータ) や収録データ全文から、必要とする文献やデータを検索し、自由に閲覧やデータのダウンロードをすることができます。ユーザー登録は不要、利用料は無料です。 また、これまで9年にわたり運用してきたNIMSセルフアーカイブ (文献用のPubManおよび 画像データ用のImeji)の登録データ、MatNaviのデータベース (READSは今回, FGMsは7月)についても、MDRにデータを移行します。 現在は、NIMSおよび関連機関の材料データの収集を開始しており、随時掲載するデータの拡充を行います。将来的には、契約機関や一般ユーザーからのデータを収集・保存し、材料データのさらなる蓄積を進める予定です。

DICEのWebサイトでは、既に皆様にご利用いただいている、「NIMS物質・材料データベース (MatNavi)」および、「NIMS Materials Data Conversion Tools (M-DaC)」、また、同日公開を開始する「Materials Data Repository (MDR)」が、このDICEに組み込まれ、今後、関連情報の発信やさらなるデータ拡充と、様々なサービスをこのDICE上で展開する予定です。

ご利用の際は、下記にアクセスし、使い方や利用規則をご確認ください。



関連画像

MDR Webサイトイメージ

DICE Webサイトイメージ

お問い合わせ先

国立研究開発法人 物質・材料研究機構
材料データプラットフォームセンター
データサービスチーム
DICEの「お問い合わせ フォーム」から
送信してください。
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。