ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 第20回 応用物理学会「応用物理学会業績賞」をNIMS研究者が受賞

第20回 応用物理学会「応用物理学会業績賞」をNIMS研究者が受賞

2020.03.24 NEW


公益社団法人 応用物理学会より、「第20回 (2019年度) 応用物理学会業績賞」が青野正和 MANAエグゼクティブアドバイザーに授与されました。

関連画像

「応用物理学会業績賞」は、応用物理学の発展に顕著な業績を挙げた会員に対して、その功績を称える目的で贈呈されます。

受賞対象業績には、応用物理学に関連する研究分野において、発明・発見あるいは研究・開発を通して、学問分野や産業分野へ特別大きな貢献をなした業績 (研究業績) と、応用物理学に関連する学生・若手研究開発者の育成・啓発、あるいは科学技術に関する青少年・一般人への啓発に特別に大きく貢献した業績 (教育業績) があります。今年度は3名の方が受賞しました。


第20回 (2019年度) 応用物理学会業績賞
件名 : 固体表面の構造や組成を原子レベルで解析・操作する先駆的基礎研究と原子スイッチの発明と開発による産業技術への貢献