ホーム > ニュース・プレス > ニュース > メール誤送信に関するご報告とお詫び

メール誤送信に関するご報告とお詫び

2019.10.08


10月8日、機構外関係者の方へメールを送信した際、同報者の電子メールアドレスが表示される形で誤送信したことが判明いたしました。ご報告とともに関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

【概要】
2019年10月8日 (火) 午前10時34分、弊機構担当者がイベントの告知メールを一斉メールで送信した際、誤って受信者が同報者のメールアドレス一覧を見られる状態で送信してしまいました。

【事実経緯と対応状況】
担当者がイベント告知メールを送付しました。
直後に担当者が誤操作していたことに気づき、受信者全員に対しメールにてお詫び申し上げるとともに、経緯を説明し当該メールの削除を依頼いたしました。

【原因】
本来BCCにして送付すべきところ、TO欄に入れて送信してしまったことが原因。

【今後の対応と再発防止策】
今後、お問合せのあったメール受信者について真摯に対応いたします。また、このような事態が生じないよう、誤送信防止機能の導入を含むメール送信前のさらなる確認を徹底いたします。個人情報保護の重要性について職員への周知・教育の徹底並びに管理体制のさらなる強化に取り組みます。



本件に関するお問い合わせ先

国立研究開発法人 物質・材料研究機構
経営企画部門 広報室
TEL: 029-859-2026
FAX: 029-859-2017
E-Mail: info=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)