ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2008年 > チェコ大使館参事官フランチシェク・トロヤーチェク氏がNIMSを訪問

チェコ大使館参事官フランチシェク・トロヤーチェク氏がNIMSを訪問

2008.02.27
(2008.03.01 更新)


2008年2月27日、チェコ共和国大使館のフランチシェク・トロヤーチェク (František Trojáček) 参事官、経済・商務部担当がNIMSを訪問し、並木地区と千現地区を見学、岸理事長との懇談で情報交換を行った後にチェコ出身の研究者や連携大学院生と懇談しました。

「写真1 懇談する岸理事長(左)とF. トロヤーチェク参事官(右)」の画像

写真1 懇談する岸理事長(左)とF. トロヤーチェク参事官(右)



2008年2月27日、チェコ共和国大使館のフランチシェク・トロヤーチェク参事官、経済・商務部担当がNIMSを訪問しました。並木地区と千現地区を見学した後、岸理事長との懇談でチェコの科学技術政策の新しい動きとNIMSにおける研究展開についての情報交換を行い、その後チェコ出身の研究者や連携大学院生と懇談しました。


関連写真

写真2

左から、森副センター長、Dr. Tomas Kohoutek, Mr. Martin Drabik, 白戸アドバイザー、Dr. Michal Reiter, Mr. Martin Jerab, 竹村室長、トロヤーチェク参事官、岸理事長、Dr. Andreas Doenni, Dr. Martin Pumera