ホーム > 広報活動 > イベント・セミナー > 2020年 > 第7回電池材料解析ワークショップ

第7回電池材料解析ワークショップ

開催日: 2020.12.11 NEW


開催概要

物質・材料研究機構 (NIMS) 蓄電池基盤プラットフォーム (PF) は、下記の要領にて第7回電池材料解析ワークショップを開催します。蓄電池基盤PFがNIMSを中心機関として運用を開始して6年が経過しましたが、昨年度より全固体電池を実現するための接合プロセス技術の革新を目指したMaterealizeプロジェクト (文部科学省) が開始され、今年度にはNIMSに全固体電池マテリアルズオープンプラットフォーム (MOP) が設立されたことも踏まえ、今回のワークショップでは全固体電池に焦点を当てた講演会を実施します。
河村純一教授 (東北大学) による特別講演のほか、蓄電池基盤PFの特徴ある評価装置を利用したユーザーの方々からの成果報告を実施いたします。 これらの場を利用して材料開発者と分析技術者が議論することで、電池材料の分析技術・解析技術の高度化を目指します。当日はMaterealizeプロジェクトにおける取り組みや蓄電池基盤PFユーザーの成果を紹介するポスターセッションも行いますので、この分野にご関心のある方の、積極的なご参加をお願いいたします。

参加登録

参加申し込み締め切り : 12月7日 (月) 17時
1.会場参加 (NIMS)  *参加を締め切りました。
2.オンライン参加(別ウィンドウで開きます)
 *NIMS職員は、原則オンラインでご参加ください。

プログラム

ワークショップ : 2020年12月11日 (金) 13 : 00 - 17 : 30
 13:00-13:05 開催にあたって  魚崎 浩平 PF実施責任者/
ALCA-SPRING PO/
NIMSフェロー
 13:05-13:15 産総研PF進捗報告  田中 秀明 産総研関西センター
 13:15-13:25 早稲田大PF進捗報告  横島 時彦 早稲田大学
 13:25-13:40 NIMS PF進捗報告  山口 祥司 NIMS 蓄電池基盤PF長
 13:40-14:40 特別講演
「電池材料中でのイオン移動と拡散挙動の解析」
 河村 純一 東北大学 教授
 14:40-15:10 コーヒーブレイク
ポスターセッション
   
 15:10-15:35 固体電池開発における材料解析技術への期待  高田 和典 NIMSエネルギー・環境材料研究拠点 拠点長
 15:35-15:55 全固体電池材料の最新計算・データ科学研究  館山 佳尚 NIMSエネルギー・環境材料研究拠点
 15:55-16:15 蓄電池基盤PFの現状と先端研究設備整備補助事業による新規計測装置の紹介  増田 卓也 NIMS 蓄電池基盤PF
 16:15-16:30 コーヒーブレイク
ポスターセッション
   
 16:30-16:50 焼結型全固体Liイオン二次電池実現に向けたガーネット型酸化物の低温焼結  渡邉 賢 九州大学 准教授
 16:50-17:10 電磁波焼結による電極—固体電解質界面の形成と分析  寺西 貴志 岡山大学 准教授
 17:10-17:30 放射光X線ナノCTによる電子デバイスの信頼性解析 : MLCCの電極構造形成プロセス  大熊 学 NIMS構造材料研究拠点

*プログラムは予告なく変更になる場合があります。


イベント・セミナーデータ

イベント・セミナー名
第7回電池材料解析ワークショップ
会場
NIMS並木地区 NanoGREEN/WPI-MANA棟 オーディトリアム またはオンライン
開催日: 時間
2020.12.11
13:00-17:30

【主催】
科学技術振興機構 (JST)  未来創造研究開発推進部戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発特別重点技術領域 
次世代蓄電池 (ALCA-SPRING) ,
NIMSエネルギー・環境材料研究拠点 蓄電池基盤PF

【共催】
材料の社会実装に向けたプロセスサイエンス構築事業 (Materealize) “全固体電池を実現する接合プロセス技術革新”,
全固体電池 MOP
参加料
無料

お問い合わせ先

第7回電池材料解析ワークショップ事務局
E-Mail: Battery-PF=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
2020.12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31