目的、国の施策との関係および組織規程など組織に関する規程の情報

2022.11.02 更新

NIMSの目的

国立研究開発法人物質・材料研究機構(以下「NIMS」)は、「国立研究開発法人物質・材料研究機構法」が定めるところにより、物質・材料科学技術に関する基礎研究および基盤的研究開発等の業務を総合的に行うことにより、物質・材料科学技術の水準の向上を図ることを目的としています。


国の施策との関係

中長期目標と中長期計画

NIMSは国立研究開発法人として、文部科学省が定めた中長期目標に基づいて中長期計画を策定し、それに沿って研究開発を進めていきます。

年度計画

NIMSは国立研究開発法人として、文部科学省が認可した中長期計画に基づき、年度計画を策定し、それに沿って当該年度の研究開発を進めていきます。なお、中長期目標・中長期計画および年度計画の具体的な内容については、「業務に関する情報」のページをご覧ください。


組織の概要

NIMSの概要については「法人概要」のページをご覧ください。

職員数

2022年4月1日現在の職員数とその内訳 (単位:人)
   職制 人数 女性 (内数) 外国人 (内数)
役員 6 1 0
定年制職員 研究職 385 44 49
エンジニア職 70 15 0
事務職 104 33 0
任期制職員等 研究職 (常勤) 197 31 102
大学院生 112 30 64
その他 672 446 24
1,546 600 239