ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 第3回メドテックグランプリKOBEにて最優秀賞をNIMS研究者が受賞

第3回メドテックグランプリKOBEにて最優秀賞をNIMS研究者が受賞

2020年10月10日、第3回メドテックグランプリKOBEにて、最優秀賞を機能性材料研究拠点スマートポリマーグループの荏原充宏グループリーダーが受賞しました。

「表彰式の様子。 (中央) 機能性材料研究拠点 スマートポリマーグループ 荏原充宏グループリーダー」の画像

表彰式の様子。 (中央) 機能性材料研究拠点 スマートポリマーグループ 荏原充宏グループリーダー



メドテックグランプリKOBEは、株式会社リバネスが医療における課題の解決にむけて、ビジョン、パッション、そしてテクノロジーを併せ持ち、「科学技術の発展と地球貢献を実現する」ものとして特に優れているプランを表彰するものです。

応募106チームの中から選ばれたメドテックグランプリのファイナリスト12チームが、テクノロジーを駆使して医療分野の課題解決に挑むプレゼンテーションを繰り広げました。

最優秀賞 / KYOWA KIRIN賞

受賞対象となった研究テーマ

高度インフラに依存しない血液透析デバイスをつくる