ホーム > ニュース・プレス > ニュース > NIMS研究者が化学センサ研究会「清山賞」を受賞

NIMS研究者が化学センサ研究会「清山賞」を受賞

機能性材料研究拠点、センサ・アクチュエータ研究開発センター (CFSN) の吉川元起グループリーダー (嗅覚センサグループ) が、化学センサ研究会より、平成31年度「清山賞」を授与されました。

清山賞は、化学センサ分野において、創造的、独創的な研究・開発を推進し、次世代を切り開く先導的役割を果たすと期待される者に授与し、表彰を行っているものです。

【業績題目】
「膜型表面応力センサおよび関連技術体系の開発」

【関連ページ】
電気化学会 化学センサ研究会 : 清山賞受賞者一覧
http://chemsens.electrochem.jp/seiyama/seiyama2.html

関連画像