2004年 情報

2004.12.15

細胞培養環境下疲労試験装置の開発に成功

生きた細胞の存在下で生体用材料の安全性評価が可能に
2004.11.22

第2回分野横断スクール「ナノバイオスクール」の開催について

文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクト
2004.10.14

可視光にも活性な光触媒の合成に成功

窒素ドープ型酸化チタン光触媒の合成
2004.09.29

二酸化チタン光触媒薄膜を無加熱で作製することに成功

セルフクリーニング機能を持つ窓ガラス・プラスチックの実現へ向けて
2004.08.31

最先端のナノテク関連施設設備を用いた人材育成スクールの開催について

文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクト
2004.08.31
2004.08.13

DNAの電気抵抗を制御するメカニズムを発見

次世代のDNA半導体実現へ道を拓く
2004.08.04

気相成長ダイヤモンド薄膜で超伝導を発見

ダイヤモンド超伝導デバイスへの第一歩
2004.07.20

水に溶けるシリカ系材料の合成に成功

ナノメートルオーダーのロッド状シリカ系材料の合成
2004.06.16

約14万件の物質・材料データを横断検索

日英米の11種類の材料データベースから必要な情報を検索可能に
2004.05.25
2004.05.24

電子線励起による室温遠紫外線レーザ発振に成功

六方晶窒化ホウ素における遠紫外波長領域の高効率発光特性を発見
2004.05.20

産学独連携ベンチャー企業「NIMS Wave (株) 」が発足

酸化亜鉛関連デバイスの高度化に向けて
2004.04.13

高分解能NMRマグネットで世界最高磁場を達成

930MHz 高分解能NMRマグネットの稼働開始
2004.03.11

30万時間に到達したクリープ変形データの蓄積

高温機器構造物の安全性・信頼性の向上に貢献
2004.03.10

高い電界電子放出特性をもつ新型窒化ホウ素薄膜の合成に成功

従来の100倍以上の特性により、次世代高精細大画面テレビ・省エネ照明などへの応用も可能
2004.03.03

高出力、広波長領域で発振可能な波長変換素子を開発

医療、環境計測などの分野で応用可能に
2004.02.18

固体電解質中での金属原子移動を利用したスイッチにより半導体回路の組み替え動作を実現

回路利用効率が高く応用範囲の広いプログラマブルロジックへ道
2004.01.09

環境に優しい鉛フリーの高性能圧電材料の創製

新しい原理に基づく巨大電歪効果の発見
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029