2012年 情報

2012.12.24

わずか数原子層の金属膜で電気的磁化操作効率を制御

極薄磁性膜を用いた不揮発性メモリ・演算素子技術への展開に期待
2012.12.20

セシウムの存在位置をミリメートル以下の精度で可視化

汚染廃棄物の大幅削減やセシウム拡散挙動の把握へ期待
2012.12.11
2012.12.09

真空を利用したパワースイッチを開発

ダイヤモンド半導体を使うことにより世界で初めて成功
2012.12.06

結晶粒界で磁気物性が上昇する現象を発見

今後の磁性材料開発に向けた新たな設計手法の手がかりへ
2012.11.15

ユーザーの要求に応じて機能を切り替えられるオンデマンド型素子

一つの素子でダイオード、スイッチ、キャパシタ、脳型記憶素子などの多機能性を実現
2012.11.01

世界最先端の研究者が贈る高校生のためのシンポジウム

WPI6拠点合同シンポジウム「世界トップレベルの科学を愉しむ」開催のお知らせ
2012.10.18

ビスマス・硫黄を主成分とした新しい層状超伝導物質系を発見

~首都大、NIMS、産総研、電通大による共同研究~
2012.10.17

ディスプレイの制御に必要な金属酸化膜トランジスタの開発に成功

スマートフォンの電池持続向上やテレビの高精細化を可能にする次世代デバイス
2012.10.04

鋼のナノ組織化を用いた高強度精密ねじの量産化を世界で初めて実現

部品製造工程を簡略化でき、二酸化炭素排出量50%削減が可能に
2012.10.03

酵素に学ぶ金ナノ粒子触媒

反応物を表面捕捉する金属ナノ粒子触媒
2012.09.25

グラフェンの新しい伝導制御技術を開発

ヘリウムイオン照射で室温動作スイッチングトランジスタを実現
2012.09.24

金属ガラスの異常軟化現象と剪断帯抑制効果を発見

“構造若返り”の利用で金属ガラスに常温加工の可能性を示唆
2012.09.13

マヨラナ粒子を操るナノ量子デバイスを設計

トポロジカル量子計算の基礎技術に貢献
2012.08.30

アルミ陽極酸化膜を用いて、抵抗変化型メモリーのオフ電流1/1000低下に成功

ReRAMの動作原理解明により 希少元素フリーの次世代メモリー開発に新局面
2012.08.27

有機EL材料の電子特性・光学特性の同時測定を大気中で実現

高速かつ簡便な測定装置により有機EL用新材料開発を加速
2012.08.08

非磁性原子を置換することで磁性・誘電特性の制御に成功

次世代メモリデバイスの開発に新しいアイディア
2012.08.08

電子スピンの渦「スキルミオン」を微小電流で駆動

従来の10万分の1の低電流密度での磁気情報操作技術の実現に大きく前進
2012.08.07
2012.08.02

安全かつ高効率に遺伝子を細胞へ導入できるナノシート開発に成功

血友病や糖尿病など、遺伝性疾患や難治性疾患の細胞治療へ応用
2012.07.26

免疫を活性化する核酸医薬の効果をナノ粒子で増強する技術を開発

アレルギー疾患や感染症の治療への応用に期待
2012.07.19
2012.07.16

なぜ 酒で煮ると超伝導物質に変わるのか?

原因物質とメカニズムの解明で超伝導研究開発に新たな可能性
2012.06.19

新たな超巨大磁気抵抗機構の発見

新機能磁気抵抗素子の開発へ道
2012.06.15

「軌道スイッチング」現象を発見

磁気フラストレーション系の基底状態の理解と制御に期待
2012.06.14
2012.06.13

室温で導電体から絶縁体へ急変する「スレーター絶縁体」を開発

テラヘルツ受信素子や新熱電変換材料の新素材への応用展開へ期待
2012.06.06

骨の再生を促進する複合多孔質足場材料を開発

生体内の細胞微小環境を模倣し、骨再生能力を向上
2012.06.04

世界最高面密度の量子ドットの自己形成に成功

高性能量子ドットデバイス実現に向けた研究がさらに加速
2012.05.29

燃料電池反応を高効率化する「助触媒」の役割を実験的に解明

白金使用量の削減・燃料電池の高効率化の同時実現に指針
2012.05.28

ジャパンリンクセンター運用に向けた協力覚書を締結

国内電子学術コンテンツへの永続的なアクセスを可能に
2012.05.25

酸化鉄表面スピン特性の解明と大幅な改善に成功

界面制御によるハーフメタル特性の向上
2012.05.24

周囲の環境に反応して動作を変えるシナプス素子を開発

人間や環境と対話する脳型コンピューター開発への貢献に期待
2012.05.22

超伝導にとって「3」は特別の意味を持っていた

3つ以上の成分からなる多成分超伝導で起きる新規物性現象の解明
2012.05.21

空気中の物質を鋭敏に感知して発光するフィルムを開発

微量物質の検出センサーや新たなディスプレイへの応用に期待
2012.05.14

様々な素材に塗布可能、白色発光する不揮発性液体を開発

フルカラー化も容易 次世代発光材料として大きな期待
2012.05.08
2012.04.30

固体電気化学反応を原子レベルで初めて観察

イオニクスデバイスの高性能化に不可欠な情報の取得に道
2012.04.26

分子軸とスピンの向きを指定した酸化反応を世界で初めて実現

シリコン酸化反応のメカニズム解明に貢献
2012.04.12

2012年度NIMSコンファレンス開催とNIMS賞受賞者決定

NIMSコンファレンスにてNIMS賞授与式・受賞記念講演が行われる
2012.03.19

強靭な高温超電導ナノワイヤー

鉄系超電導体のウィスカー結晶の製造に成功
2012.03.12

ブラウン管破砕カレットを利用した放射線遮蔽材開発、実用化へ前進

リサイクルしたテレビのブラウン管の放射線遮蔽利用へ民間が技術開発
2012.02.22

物質の核生成に新たな理論を発見

形状や体積が変化する現象の解明に貢献
2012.02.15

モット転移の本質が明らかに

高温超伝導のメカニズム解明に向けて大きく前進
2012.01.27

オイルを浄化できる超高性能ろ過フィルターを開発

ナノ細孔中の高速粘性透過を世界に先駆けて実証
2012.01.06

世界の飲み水を救うために

飲料水に含まれる有毒ヒ素の容易かつ迅速な除去材を開発
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029