2015年 情報

2015.12.18

80年越しに見えてきた磁石・マグネタイト(Fe3O4)の本当の姿

~分厚い表面に封じられていた新たな電子状態を発見従来のデータ解釈覆し、謎解明へ~
2015.12.16

光メタマテリアルが屈折率ゼロの特殊な性質を持つことを理論的に解明

~新たな光学素子やフォトニック集積回路への応用に期待~
2015.12.07

高い吸着力と選択性を持つレアメタル吸着剤を開発

~スポーク状のナノ細孔作成で実現。都市鉱山開発の促進に道~
2015.12.03

史上最強のスピン - フォノン結合を観測

~情報通信・エレクトロニクスの機能性材料の高性能化に新たな可能性~
2015.12.01

計測・分析装置の性能を飛躍的に高める高輝度・細束な電子源を開発

~現行の電子源に比べ輝度が100倍に !  次世代電子顕微鏡開発に道~
2015.11.16

コアシェルナノワイヤ構造を利用した高速トランジスタチャネルを開発

- 従来より高速で高集積が可能な立体構造トランジスタの実現に向け大きく前進 -
2015.11.02

高信頼性と高効率を両立するペロブスカイト太陽電池の開発に成功

1000時間の光連続照射テストをクリア 低コストな太陽電池の実用化に大きく前進
2015.10.27

高品質・低価格な太陽電池用モノシリコン結晶の育成に成功

~新たな鋳造法を開発 価格競争力のある太陽電池産業の復興に期待~
2015.10.15

正常血圧の約2.8倍に耐える生体親和性の接着剤を開発

現状の問題点を克服 手術時間の短縮や医療費削減に期待
2015.10.08

「NIMS-JEOL計測技術研究センター」を開設

包括的な研究連携に向けた覚書に調印
2015.10.01

GaN 研究コンソーシアムの設立について

~産学官の密接な連携による、世界をリードするGaN 応用の省エネルギーイノベーション拠点の創設~
2015.09.29

嗅覚センサーの業界標準を目指す「MSSアライアンス」発足

~MSS技術実用化に向けた基礎的要素技術確立を目指して~
2015.09.04

注目物質“グラフェン”における電子の分配を世界で初観測 !

電子の波動性を利用した電子干渉デバイスの実現
2015.08.25

原子1個の厚みの二酸化チタンシートの作製に成功

グラフェン類似の極薄新材料の誕生
2015.08.19

単一光子を用いた意思決定の実証に成功

光の粒子性と確率性により、速く正確な判断を実現
2015.08.18

隕石衝突でDNA構成分子が生成

〜生命誕生前の核酸塩基の新たな生成過程〜
2015.08.11

内部の静電反発力のオンオフだけで動くヒドロゲル

速く、大きく、一方向性の運動を繰り返す、夢の人工筋肉の実現へ
2015.07.09
2015.07.01

世界最高磁場※のNMR装置 (1020MHz) の開発に成功

高温超伝導体の応用が決め手 新薬創製・新物質開発の高速化にむけて大きな前進
2015.06.30

注目物質“グラフェン”におけるパリティ効果を世界で初めて確立

接合数の偶数・奇数で電流の流れが全く異なる新しい現象
2015.06.29

アナターゼ型酸化チタン表面を構成する原子の種類の特定に成功

光触媒や太陽電池の材料開発に必要な指針の提供へ前進
2015.06.26

人工分子モーターの回転方向制御を超分子で実現

柔軟に動作するナノマシン大量生産への道を拓く
2015.06.18

超分子マシンの運動を簡便な力学操作で制御することに成功

~手の動きで分子を操ることができる界面技術~
2015.06.16

材料のみで血管新生を促進する組織接着性多孔膜を開発

—高価な細胞増殖因子の添加が不要 医療費削減に期待—
2015.06.08

光が表面を散乱せずに伝わる新しいフォトニック結晶を発見

シリコンのみで実現可能 半導体技術との融合で新機能開発に期待
2015.06.03

超分子カーボン材料のパターン化による細胞の分化制御に成功

— 再生医療の実現にむけて、足場材料の大面積化を可能にする技術の開発 —
2015.05.21

エタノール燃料から常温常圧で電力を取り出せる触媒を開発

—カーボンニュートラル社会へのブレイクスルー—
2015.04.27

NIMS賞受賞者にハラルド・ローゼ教授 (独ウルム大学) ら3名が決定

~電子顕微鏡用の収差補正装置の開発と普及に対する貢献を評価~
2015.04.13

超高輝度・ハイパワー白色光源に適したYAG単結晶蛍光体を開発

- レーザーヘッドライトなどLED光源では困難な超高輝度製品への応用に期待 -
2015.04.07

幹細胞の骨分化に作用する金ナノ粒子の開発

~カルボキシル基による表面修飾で骨分化を抑制。再生医療用ナノ材料の可能性を拓く~
2015.03.23

分子技術を活用して「金」ナノ空間の制御に成功 !

孔の大きさを自由に制御できる金ナノ多孔体を実現
2015.02.12

地球深部の岩石中に中性水素原子が存在する可能性

- 地球内部の水素循環研究に新たな一石 -
2015.01.09

表面酸化反応への酸素分子スピンの影響を初めて観測

分子磁性と表面反応の相関の理解に貢献
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029