ホーム > NIMSについて > 採用情報 > 定年制職員の採用

NIMSへの就職に興味がある研究者や大学院生の方々へ

NIMS職員の採用形式には、任期の定めがない(但し定年は60歳まで)「定年制職員」と、一定の任期後に定年制職員への登用の可能性がある「キャリア形成職員」、そして任期付き雇用の「任期制職員」があります。このコーナーでは、定年制職員の採用や応募方法、募集情報などをご紹介します。


定年制職員の採用 情報

2017.02.22 NEW 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E16-09」 (正職員) テクニカル・マーケティング エンジニア 

外部連携部門, 連携企画室

NIMSの様々な基礎的材料研究成果を、企業に活用して頂く“技術移転業務”に従事。 技術移転業務では、NIMSの有する “技術シーズ” と、企業の求める “技術ニーズ” とのマッチング調整作業が必要となり、そのインターフェイス業務を担当する。 NIMSは新たな試みとして、サイエンス領域のみならず基礎的エンジニアリング領域にも踏む出す事による ”技術移転” を加速させる大きなチャレンジを推進しており、この様な活動に於けるテクニカル・マーケティング業務を担当する。



キャリア形成職員・任期制職員の募集について

キャリア形成職員および任期制職員については、各職種の募集要項をご覧ください。



国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)