ホーム > NIMSについて > 採用情報 > 定年制職員の採用

NIMSへの就職に興味がある研究者や大学院生の方々へ

NIMS職員の採用形式には、任期の定めがない(但し定年は60歳まで)「定年制職員」と、一定の任期後に定年制職員への登用の可能性がある「キャリア形成職員」、そして任期付き雇用の「任期制職員」があります。このコーナーでは、定年制職員の採用や応募方法、募集情報などをご紹介します。


定年制職員の採用 情報

2016.04.28 定年制 研究職

研究職「R16-01」 (正職員) 生体材料

機能性材料研究拠点, バイオポリマーグループ

高分子系生体材料の研究開発、すなわち、医学あるいは歯学領域の医療ニーズに対応した高分子材料の分子設計、合成および評価を行う。特に、材料と生体組織との界面における相互作用を分子、細胞、組織レベルでの複合的な解析によって理解し、得られた知見を材料設計へのフィードバックとすることにより、生体接着材料等の革新的な高分子系生体材料創出を目指す。開発した材料の社会実装を目指し、材料に関する基礎的・基盤的知見の蓄積に留まることなく、医学/歯学系機関、企業との連携へと発展させ、臨床応用への展開を狙う。


2016.04.28 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E16-01」 (正職員) レーザー3次元アトムプローブ、電子顕微鏡等の管理・操作・ユーザーサポート

磁性・スピントロニクス材料研究拠点

磁性・スピントロニクス材料研究拠点が運用する走査型電子顕微鏡、集束イオンビーム装置、収差補正走査透過型電子顕微鏡、レーザー補助3次元アトムプローブ等の管理、操作、新規利用者への操作講習とユーザーサポート。具体的には下記の業務を担当する。  走査型電子顕微鏡・集束イオンビーム装置の日常的な維持管理  収差補正走査透過型電子顕微鏡の日常的な維持管理  レーザー3次元アトムプローブ装置の維持管理  解析試料作製装置 (イオンミリング装置、機械研磨装置、切断器等) の維持管理 上記装置を使用した電子顕微鏡及びアトムプローブ用試料作製...


2016.04.28 定年制 研究職

研究職「R16-02」 (正職員) 固体表面・界面の機能探索とその応用

機能性材料研究拠点, 内定者の適性をもとに拠点内の研究グループに配属

センシング、整流、発光などの機能を有する固体素子の開発を目標とした、固体表面や固体界面での機能探索・特性評価、素子設計・作製などに取り組む。特に、固体物理、界面・表面科学に立脚した電子状態、化学状態の学理的解明を基礎とする研究・開発を推進し、さらに、企業を含む他機関との連携を図ることで、その成果の社会実装を目指す。


2016.04.28 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E16-02」 (正職員) 材料試験、クリープ試験

構造材料研究拠点 構造材料試験プラットフォーム, クリープグループ

発電プラントなどで使用される耐熱金属材料について、その信頼性を評価するために行うクリープ試験の関連業務。具体的には下記の業務を実施。  各種耐熱金属材料試験のための素材の管理、クリープ試験片等の採取方法の検討 クリープ試験および高温引張試験の実施(試験片取付、試験、温度・変位測定等) クリープ試験室全体の品質管理(記録類の管理,各試験機の点検,試験状況の確認、関連装置の点検・校正等) クリープデータシート発刊業務(クリープデータの整理・確認,硬度測定,光学顕微鏡による金属組織観察等) 一般見学者への業務内容紹介 


2016.04.28 定年制 研究職

研究職「R16-03」 (正職員) 二次電池 (特にリチウム金属負極) 材料

エネルギー環境材料研究拠点, 内定者の適性をもとに拠点内の研究グループに配属

高いエネルギー密度が求められる次世代蓄電池に不可欠なリチウム金属負極の研究開発。リチウム金属の加工・調製、リチウム金属電極の電析・溶解過程などの電気化学特性、さらには電池特性について、金属材料科学、電気化学、表面科学、物理化学等の視点から基盤的研究を行ない、実用化に向けた課題や社会的背景を十分理解して電池開発につなげる。


2016.04.28 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E16-03」 (正職員) 表面分析

技術開発・共用部門 材料分析ステーション, 表面・微小領域分析グループ

電子分光法、二次イオン質量分析法等の表面分析装置を用いた無機材料・有機材料の分析支援を主業務とし、表面分析技術を基盤とする新規分析技術開発、技術標準化に関係する業務を行う。具体的には下記の業務を担当する。 電子分光法や二次イオン質量分析法等の表面分析装置による依頼分析及び報告書作成 装置利用者への技術指導 表面分析関連の技術相談 表面分析装置の保守管理 表面分析技術関連の国内及び国際標準化業務 その他表面分析技術及び支援に関する業務 


2016.04.28 定年制 研究職

研究職「R16-04」 (正職員) 磁性・物性・ナノエレクトロニクス

磁性・スピントロニクス材料研究拠点, スピントロニクスグループ

電子スピンに起因する物理現象の解明と新たな材料・物性探索、それらを利用した応用展開研究を行う。特に、スピンを利用した次世代ナノエレクトロニクス素子を開拓できる新たな物理・材料開発に関する研究を行う。


2016.04.28 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E16-04」 (正職員) 塑性加工・熱処理による研究支援

技術開発・共用部門 材料創製・加工ステーション, 材料創製グループ

NIMSの最先端研究を「ものつくり」の観点からサポートするために、研究者に対して塑性加工、熱処理に関する研究支援業務を行う。研究者と密接に連携を図り、NIMS研究に貢献する。さらに、大学や民間企業に対して依頼業務を行うことで、技術発展と設備共用を推進する。業務内容を下記に示す1. 研究素材(主に金属)の塑性加工業務、熱処理業務  担当設備 300トンプレス機 熱間・冷間圧延機2機、特殊箔圧延機 溝ロール圧延機 スウェージングマシン 熱処理炉4基2. 研究素材の管理、切断作業、研削作業  使用設備 帯鋸盤、旋盤、フライス盤、ボール盤、精密切断機など3. 実験デ...


2016.04.28 定年制 研究職

研究職「R16-05」 (正職員) 計算科学・情報科学を活用した材料設計、計算材料科学、情報工学

構造材料研究拠点, 積層スマート材料グループ

フェイズフィールド法などによる材料組織予測、有限要素法などを用いた材料特性予測、データベースを利用した材料物性や計算パラメータのデータ科学による推定、これらを組み合わせ、コンピュータ上にて構造材料の長期的なパフォーマンスを予測するための技術開発を行う。特に様々な計算モジュールを有機的に繋ぐための統合的なシステム開発を行う。


2016.04.28 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E16-05」 (正職員) テクニカルマーケティングエンジニア

外部連携部門, 連携企画室

NIMSの様々な基礎的材料研究成果を、企業に活用して頂く“技術移転業務”に従事 。 技術移転業務では、NIMSの有する“技術シーズ”と、企業の求める“技術ニーズ”とのマッチング調整作業が必要となり、その調整に当たるインターフェイス業務を担当する。 この業務遂行に於いて、企業のエンジニアリング視点での様々な要望とNIMS研究者のサイエンス視点での研究成果との乖離が散在する事から、その際に本担当者が過去の企業でのエンジニアリング/テクニカル・マーケティング業務経験を活かした調整・折衝を行う事が期待される。 ...


2016.04.28 定年制 研究職

研究職「R16-06」 (正職員) ナノ材料工学

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA) , 半導体ナノ構造物質グループ

摩擦発電、光電変換等の環境発電デバイスにおいて重要な材料探索、開発、機能化、からプロトタイプのデバイス作製までを一貫して国内外の公的研究機関、企業との共同研究により遂行する。無機の半導体ナノ構造および有機材料からなる複合材料の開発により、既存のデバイス性能の向上および新しい機能発現を目指した研究を行う。


2016.04.28 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E16-06」 (正職員) Webデザイン・グラフィックデザイン・CG制作・Web管理

経営企画部門, 広報室

Webデザイン、グラフィックデザイン、およびディレクション業務 CG動画制作 イラスト制作 広告用写真撮影 外部制作業者および機構内研究者とのコーディネート業務 CMS操作および機構職員へのCMS研修業務 データベース構築、管理運用業務 3Dプリンタによる模型制作 


2016.04.28 定年制 研究職

研究職「R16-07」 (正職員) 物質・材料一般

配属先は、内定者の適性をもとに決定

NIMSは、物質・材料に関する広い分野の公募を行っています。物質・材料に関する研究である限り、応募者の専門分野、および基礎研究、応用研究の別は問いません。海外からの応募や企業経験者も歓迎します。世界最高水準の次世代物質・材料研究を担える国際性に富んだ人材を採用します。配属先 : 配属先は本人の適性をもとに決定いたします。


2016.04.28 定年制 研究職

研究職「R16-08」 (正職員) 物質・材料一般 (女性のみ応募可能)

配属先は、内定者の適性をもとに決定

NIMSは、物質・材料に関する広い分野の公募を行っています。物質・材料に関する研究である限り、応募者の専門分野、および基礎研究、応用研究の別は問いません。海外からの応募や企業経験者も歓迎します。世界最高水準の次世代物質・材料研究を担える国際性に富んだ女性研究者を採用します。重複応募 : 分野を指定した公募 (R16-01~R16-06, R16-09) に重複して応募できます。配属先 : 配属先は本人の適性をもとに決定いたします。


2016.04.28 定年制 研究職

研究職「R16-09」 (正職員) マテリアルズ・インフォマティクス

情報統合型物質・材料研究拠点, モデリンググループ

実験、計算科学、情報科学、数理科学を総合した物質・材料設計への処方箋の確立を目指し、手法開発、記述子の探索と整備、などを通してマテリアルズ・インフォマティクスの可能性を広げる。具体的には、実験および大規模数値シミュレーションによって生成される大量のデータから有用な情報を自動抽出する処方箋を開発すると共に、社会的要望の強い課題について、より安全で高機能な材料探索を行う。


2016.04.28 定年制 研究職

【卓越研究員】研究職「R16-01」 (正職員) 生体材料

機能性材料研究拠点, 拠点直属

高分子系生体材料の研究開発、すなわち、医学あるいは歯学領域の医療ニーズに対応した高分子材料の分子設計、合成および評価を行う。特に、材料と生体組織との界面における相互作用を分子、細胞、組織レベルでの複合的な解析によって理解し、得られた知見を材料設計へのフィードバックとすることにより、生体接着材料等の革新的な高分子系生体材料創出を目指す。開発した材料の社会実装を目指し、材料に関する基礎的・基盤的知見の蓄積に留まることなく、医学/歯学系機関、企業との連携へと発展させ、臨床応用への展開を狙う。


2016.04.28 定年制 研究職

【卓越研究員】研究職「R16-02」 (正職員) 固体表面・界面の機能探索とその応用

機能性材料研究拠点, 拠点直属

センシング、整流、発光などの機能を有する固体素子の開発を目標とした、固体表面や固体界面での機能探索・特性評価、素子設計・作製などに取り組む。特に、固体物理、界面・表面科学に立脚した電子状態、化学状態の学理的解明を基礎とする研究・開発を推進し、さらに、企業を含む他機関との連携を図ることで、その成果の社会実装を目指す。


2016.04.28 定年制 研究職

【卓越研究員】研究職「R16-03」 (正職員) 二次電池 (特にリチウム金属負極) 材料

エネルギー環境材料研究拠点, 拠点直属

高いエネルギー密度が求められる次世代蓄電池に不可欠なリチウム金属負極の研究開発。リチウム金属の加工・調製、リチウム金属電極の電析・溶解過程などの電気化学特性、さらには電池特性について、金属材料科学、電気化学、表面科学、物理化学等の視点から基盤的研究を行ない、実用化に向けた課題や社会的背景を十分理解して電池開発につなげる。


2016.04.28 定年制 研究職

【卓越研究員】研究職「R16-06」 (正職員) ナノ材料工学

国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA), 拠点直属

摩擦発電、光電変換等の環境発電デバイスにおいて重要な材料探索、開発、機能化、からプロトタイプのデバイス作製までを一貫して国内外の公的研究機関、企業との共同研究により遂行する。無機の半導体ナノ構造および有機材料からなる複合材料の開発により、既存のデバイス性能の向上および新しい機能発現を目指した研究を行う。


2016.04.28 定年制 研究職

【卓越研究員】研究職「R16-07-1」 (正職員) 物質・材料一般 (応用物理学)

配属先は、内定者の適性をもとに決定, (拠点直属)

NIMSは、物質・材料 (応用物理学) に関する広い分野の公募を行っています。物質・材料に関する研究である限り、応募者の専門分野、および基礎研究、応用研究の別は問いません。海外からの応募や企業経験者も歓迎します。世界最高水準の次世代物質・材料研究を担える国際性に富んだ人材を採用します。配属先 : 配属先は本人の適性をもとに決定いたします。


2016.04.28 定年制 研究職

【卓越研究員】研究職「R16-07-2」 (正職員) 物質・材料一般 (材料化学)

配属先は、内定者の適性をもとに決定, (拠点直属)

NIMSは、物質・材料 (材料化学) に関する広い分野の公募を行っています。物質・材料に関する研究である限り、応募者の専門分野、および基礎研究、応用研究の別は問いません。海外からの応募や企業経験者も歓迎します。世界最高水準の次世代物質・材料研究を担える国際性に富んだ人材を採用します。配属先 : 配属先は本人の適性をもとに決定いたします。


2016.04.28 定年制 研究職

【卓越研究員】研究職「R16-07-3」 (正職員) 物質・材料一般 (材料工学)

配属先は、内定者の適性をもとに決定, (拠点直属)

NIMSは、物質・材料 (材料工学) に関する広い分野の公募を行っています。物質・材料に関する研究である限り、応募者の専門分野、および基礎研究、応用研究の別は問いません。海外からの応募や企業経験者も歓迎します。世界最高水準の次世代物質・材料研究を担える国際性に富んだ人材を採用します。配属先 : 配属先は本人の適性をもとに決定いたします。



キャリア形成職員・任期制職員の募集について

キャリア形成職員および任期制職員については、各職種の募集要項をご覧ください。



国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)