ホーム > 研究情報 > 公募型研究事業への参加

公募型の各種研究開発事業に対する、NIMSの取り組みについて

※このページ内容は更新中

NIMSでは、文部科学省をはじめ各機関が公募する、各種研究開発事業にも積極的に応募・参加しています。公募型研究事業では、研究課題を提案し、科学的・技術的な観点を主とした評価を経て、実施課題が採択されます。
平成19年度には、NIMSは文部科学省の「世界トップレベル国際研究拠点形成推進プログラム」の対象機関のひとつとして採択されるなど、着実な成果をあげています。

NIMSが関わる文部科学省の代表的な研究事業・プログラム

ナノテクノロジーを活用した環境技術開発プログラム

平成21年度から開始されたこのプログラムは、近年、優先的に取り組むべき課題の一つとなっている環境問題に対し、ナノテクノロジー・材料分野で高い研究水準を誇る日本の強みを生かして、新機能を持つ材料を開発し、環境技術にブレークスルーをもたらすことで、持続可能な社会を構築することを目的としています。そのために、産学が連携して環境技術の基礎基盤的な研究開発を推進します。

NIMSはこのプログラムに採択され、「ナノ材料科学環境拠点 (GREEN) 」を設立しました。

低炭素社会構築に向けた研究基盤ネットワーク整備事業

平成21年度から開始された本事業は、近年、喫緊の課題となっている低炭素社会の実現に向け、ナノテクノロジーを環境・エネルギー技術に適用・融合させた「グリーン・ナノテクノロジー」に関する研究成果・知見を結集し、実用化を加速させる課題解決型研究ネットワーク基盤の整備と、情報・技術交流ネットワークの構築により、新たなイノベーションを引き起こすことを目的としています。

この事業にホスト機関のひとつとして採択されたNIMSは、「低炭素化材料設計・創製ハブ拠点」を設立し、ネットワークのハブ機関としても機能しています。


世界トップレベル研究拠点プログラム (WPI)

「WPIのロゴマーク」の画像

WPIのロゴマーク


平成19年度から開始されたこのプログラムは、日本の基礎研究機能を飛躍的に高め、国際競争力を強化するために、従来の発想にとらわれない“世界トップレベルの研究拠点”を形成することを目的としています。採択機関に集中的な支援を行い、世界の優秀な頭脳が参加を希望するような、優れた研究環境と極めて高い研究水準を誇る「目に見える研究拠点」の形成を目指します。

NIMSはこのプログラムに、独立行政法人としては唯一採択され、「MANA (国際ナノアーキテクトニクス研究拠点) 」を設立しました。

先端研究施設共用イノベーション創出事業 ナノテクノロジーネットワークプログラム

平成19年度から5カ年計画で開始された本プログラムは、ナノテクノロジー関連の研究開発で、ニーズがありながらも容易に使用できない、高度計測技術や極微細加工技術、合成評価技術について、大学、独法等の研究機関が有する最先端設備を広く共用化することで、研究開発を活性化させ、共用施設を通じて研究者相互の研究・情報交流を育み、イノベーション創出につなげることを目的としています。

NIMSはこの事業のホスト機関として、「国際ナノテクノロジーネットワーク拠点」を形成しています。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)