ホーム > 研究情報 > 代表的な研究成果

基礎・基盤研究から準備期間を経て生み出された革新的材料の実用化例

NIMSは長期的なビジョンのもと、物質・材料に関わる基礎や基盤を築く研究を行ってきました。こうして生み出された画期的な物質や材料が実用化され、社会に役立つまでには長い準備期間が必要で、そうした材料にはすぐれた機能や特性だけでなく、強度、安全性、信頼性などを併せ持つ必要があります。このページでは、準備期間を経て応用化が進んでいる研究成果の一部をご紹介します。

研究成果一覧

サイアロン蛍光体
高効率を実現しながら耐久性・耐熱性にもすぐれた性能を発揮
次世代超合金
民間企業との協力により地球温暖化ガス低減に貢献する超耐熱材料の開発に成功
ナノシート
さまざまな応用が期待されるナノ薄膜の開発
Dyフリー磁石の開発
稀少資源 (レアアース) を使用しない、高保磁力の磁石を開発

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029