2013年 情報

2013.12.16

酸化グラフェンのバンドギャップをその場で自在に制御

新規炭素系材料を用いた高性能ナノスケール素子に向けて
2013.12.16

強固な3次元張り子構造をもったグラフェン構造体の創製に世界で初めて成功

吹き飴技法から着想を得た「ケミカル風船法」の開発
2013.12.06

InGaNの多重中間準位を活用した太陽電池の高効率化の原理を実証

太陽光の全波長を活用する高効率太陽電池への道
2013.12.04

粘土鉱物による二酸化炭素の『呼吸現象』を発見

効率的な二酸化炭素の分離膜等への応用に期待
2013.12.02

単元素準結晶の3次元構造の作製に成功

準結晶の安定性の解明や準周期性を反映した新物性の発見に期待
2013.11.22

ガラス基板上で配向を自在に制御したペロブスカイト酸化物結晶薄膜の成長に成功

2次元ナノシートを用いることで、単結晶基板が不要な高品位薄膜配向制御を実現
2013.10.22

資源開発のための高性能オイル吸着材の開発

工業用高分子をナノ多孔化する新製法を発見
2013.09.20

安定した特性を有する新元素構成による酸化膜半導体の開発に成功

高精細フラットパネルの安定的な生産が可能な新元素構成酸化膜
2013.09.18

光電子分光法による固液界面での電気化学反応のその場追跡に世界で初めて成功

燃料電池や蓄電池のための高性能材料設計への貢献に期待
2013.09.09

電子スピンの渦「スキルミオン」のサイズと渦の向きを自在に制御

スキルミオンを記録ビットとする省電力メモリ素子の実現に前進
2013.08.01

京コンピュータを用いてリチウムイオン電池電解液の還元反応機構を解明

リチウムイオン電池の性能と安全性向上に向けた計算機材料設計の道を拓く
2013.07.29

世界最高性能の量子ドットもつれ光子源の開発

遠距離量子通信の実用化に向けて大きく前進
2013.07.17

光学純度を容易に決定できる新しいキラルセンシング技術の開発に成功

医薬品合成での安全性確保を容易に可能とするなどへの応用に期待
2013.07.03

光を当てるだけで何度でも望む場所を加工できるヒドロゲルを開発

好きな時に好きな形に加工、人工臓器などへの期待
2013.06.26

室温でゼロ抵抗電流を運ぶ量子物質の理論設計に成功

新規トポロジカル物性現象と量子機能の発見
2013.06.18

グラフェンの伝導電子のスピン状態を解明

グラフェンなど二次元物質のスピン物性研究と素子応用に道を拓く
2013.06.17

アルミニウム表面酸化の動的過程を解明

反応機構における20年の謎に回答
2013.06.14

抗癌活性を有する“ナノファイバーメッシュ”を作製

温熱療法と化学療法を同時に実現させ上皮性癌細胞の自然死誘導に成功
2013.06.05

優れた光安定性、フルカラー発光するアントラセン液体を開発

折りたたみ可能な発光デバイスへ搭載期待
2013.05.09

NIMS賞受賞者決定、2013年度NIMSコンファレンスにて授賞式と記念講演を開催

高性能ディスプレイを実現したIGZO-TFTの発明、常識を覆した鉄系超伝導体の発見、元素戦略の先駆けとなった研究の世界的インパクトを評価
2013.05.07

原料ガスを高効率でダイヤモンドに変換する新合成技術

ダイヤモンドバルク結晶の炭素同位体比で世界最高
2013.04.08

骨との結合が3倍速くなるコーティング法を開発

矯正歯科用骨膜下デバイスなどで患者の負担軽減を目指す
2013.03.29

2次元有機材料 厚さ3.5ナノメートルのチオフェンナノシートを世界ではじめて合成

低コスト・簡便に作製できる有機エレクトロニクス用薄膜材料として期待
2013.03.28

水による層状結晶のきわめて珍しい巨大膨潤現象を発見

ナノシート作製技術や生命現象における水の挙動解明に道を拓く可能性
2013.03.27

リチウムイオン電池用シリコン電極の1粒子の充電による膨張の観察に成功

リチウムイオン電池新規負極材料の電極設計の再考
2013.03.01

患者が手で押さえるだけで薬が放出される新しいドラッグデリバリーシステム

電気も水も特殊な装置も不要な未来型薬物投与法を目指して
2013.02.07

ポリマーがカーボンナノチューブを可溶化する過程のリアルタイム観測に初めて成功

カーボンナノチューブ実用化の鍵となる技術の進展に大きな貢献
2013.02.06

水中の希薄な水銀イオンを高感度で検出する方法を開発

湖沼環境を汚染する水銀の高精度モニタリングと早期発見が可能に
2013.01.23

ナノ細孔を持つフラーレン結晶

高効率の有機薄膜太陽電池や有機エレクトロニクス材料の開発に期待
2013.01.22

水素の大量製造を可能にする光触媒の理論設計に成功

太陽光を利用して水から水素を取り出す技術の促進に期待
2013.01.15

一次元有機分子鎖の作製に成功

高効率有機分子デバイスの実現に道筋
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029