ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2013年 > 光を当てるだけで何度でも望む場所を加工できるヒドロゲルを開発

光を当てるだけで何度でも望む場所を加工できるヒドロゲルを開発

好きな時に好きな形に加工、人工臓器などへの期待

独立行政法人理化学研究所
独立行政法人物質・材料研究機構

理化学研究所と物質・材料研究機構は、光 (紫外光) を当てるだけで望みの場所を何度でも加工できるヒドロゲルの開発に成功しました。

概要

理化学研究所 (理研、野依良治理事長) と物質・材料研究機構 (物材機構、潮田資勝理事長) は、光 (紫外光) を当てるだけで望みの場所を何度でも加工できるヒドロゲルの開発に成功しました。これは、理研創発物性科学研究センター (十倉 好紀センター長) 創発ソフトマター機能研究グループの相田 卓三グループディレクター (東京大学大学院工学系研究科教授兼務) と、創発生体関連ソフトマター研究チームの石田 康博チームリーダー、劉 明傑 (リュウ ミンジェ) 特別研究員、および物材機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点の佐々木 高義フェロー、海老名 保男MANA研究者らによる共同研究グループの成果です。
水を主原料とした固形物であるヒドロゲルは、生体にも地球環境にも優しいプラスック代替材料として、近年、産業界、学術界両方からの注目を集めています。しかし、従来のヒドロゲルのほとんどは、古典的な鋳型法により成形されているため、単純な形状の塊としてしか得られませんでした。また、一度成形した後に形状や組成を変えることは困難であり、こうした制約がヒドロゲルの用途を著しく狭めてきました。
共同研究グループは、光触媒として有名な酸化チタンのナノシートを使うことにより、望みの場所を何度でも光加工できるヒドロゲルの開発に成功しました。開発したヒドロゲルは、有機ポリマーと酸化チタンナノシートとを連結することにより3次元の網目を形成し、網目の隙間に大量の水を閉じ込めたものです。これに光を照射すると、酸化チタンの光触媒作用により、網目中の水分子が高反応性のヒドロキシルラジカルに変換されます。このヒドロキシルラジカルを使った化学反応を利用すると、ヒドロゲル中に情報を書き込んだり、ヒドロゲルと別物質とを強固に連結したりすることが可能となります。化学反応は光照射された部分でのみ進行するため、リソグラフィー微細加工が可能です。さらにこのプロセスは、半永久的に安定な酸化チタン触媒を用いるので、水と光さえあれば何度でも繰り返すことができます。この成果は、ヒドロゲルの用途を飛躍的に拡張するもので、酵素コンテナ、薬物徐放システム、3次元的に加工された細胞培地、人工臓器などをはじめ、バイオメディカル分野でのさまざまな応用が期待できます。本研究成果は、オンライン科学雑誌『Nature Communications』 (6月18日付け : 日本時間6月19日) に掲載されました。

「プレス資料中の図1: 酸化チタンナノシート (a) および今回開発されたヒドロゲル (b) の構造<br />安全で活性に優れる光触媒である酸化チタンをナノシートにすることで、水中に均一分散することができる。酸化チタンナノシートと有機ポリマーとの連結により作られる3次元網目は、その隙間に大量の水を閉じ込めることで、ヒドロゲルを形成する。このヒドロゲルに光 (紫外光) を当てると、光を当てた場所でのみ化学反応がクリーンに進行する。」の画像

プレス資料中の図1: 酸化チタンナノシート (a) および今回開発されたヒドロゲル (b) の構造
安全で活性に優れる光触媒である酸化チタンをナノシートにすることで、水中に均一分散することができる。酸化チタンナノシートと有機ポリマーとの連結により作られる3次元網目は、その隙間に大量の水を閉じ込めることで、ヒドロゲルを形成する。このヒドロゲルに光 (紫外光) を当てると、光を当てた場所でのみ化学反応がクリーンに進行する。




お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人理化学研究所
創発物性科学研究センター
創発ソフトマター機能研究グループ
グループディレクター
相田 卓三 (あいだ たくぞう)
TEL:048-462-1111 (内線6343)
FAX:048-467-8214
創発生体関連ソフトマター研究チーム
チームリーダー
石田 康博 (いしだ やすひろ)
TEL:048-462-1111 (内線6351)
FAX:048-467-8214
創発物性科学研究推進室
TEL:048-467-8113
FAX:048-465-8048
報道担当
独立行政法人理化学研究所
広報室 報道担当
TEL:048-467-9272
FAX:048-462-4715

似たキーワードを含む プレスリリース

2015.08.11
2015.06.29
2014.12.30
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)