ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2012年 > 燃料電池電極触媒活性15倍向上 : 金属ナノ粒子可溶化技術の開発に成功

燃料電池電極触媒活性15倍向上 : 金属ナノ粒子可溶化技術の開発に成功

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMSの研究チームは、新開発の金属ナノ粒子可溶化技術によって、燃料電池電極材料の触媒活性を15倍高めることに成功した。

概要

独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 潮田 資勝) 環境再生材料ユニット 阿部 英樹主幹研究員、極限計測ユニット/高輝度放射光ステーション 吉川 英樹主幹研究員および表界面構造・物性ユニット 原 徹主幹研究員の研究チームは、新開発の金属ナノ粒子可溶化技術によって、燃料電池電極材料の触媒活性を15倍高めることに成功した。電極触媒活性の大幅向上により、燃料電池材料におけるレアメタル消費量の削減に道が開かれた。本研究成果は、英国王立化学会誌Chemical Communicationsオンライン版 (3月9日号) に掲載された。


「プレス資料中の図1: デンドリマーによる金属ナノ粒子の取り込み・担持体表面への分散・燃料電池触媒反応」の画像

プレス資料中の図1: デンドリマーによる金属ナノ粒子の取り込み・担持体表面への分散・燃料電池触媒反応




お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構
環境再生材料ユニット
阿部 英樹 (あべ ひでき)
TEL: 029-859-2732
E-Mail: ABE.Hideki=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
極限計測ユニット/高輝度放射光ステーション
吉川 英樹 (よしかわ ひでき)
TEL: 0791-58-0223

E-Mail: YOSHIKAWA.Hideki=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
表界面構造・物性ユニット
原 徹 (はら とおる)
TEL: 029-860-4599
E-Mail: HARA.Toru=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
企画部門広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL: 029-859-2026
FAX: 029-859-2017
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)