ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2015年 > GaN 研究コンソーシアムの設立について

GaN 研究コンソーシアムの設立について

~産学官の密接な連携による、世界をリードするGaN 応用の省エネルギーイノベーション拠点の創設~

名古屋大学
名古屋工業大学
名城大学
豊田工業大学
産業技術総合研究所
物質・材料研究機構 (NIMS)

国立大学法人名古屋大学、国立大学法人名古屋工業大学、学校法人名城大学、学校法人トヨタ学園 豊田工業大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立研究開発法人物質・材料研究機構が幹事機関となり、平成27 年10 月1 日、「GaN 研究コンソーシアム」を設立いたします。

概要

国立大学法人名古屋大学、国立大学法人名古屋工業大学、学校法人名城大学、学校法
人トヨタ学園 豊田工業大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立研究開発法
人物質・材料研究機構が幹事機関となり、平成27 年10 月1 日、「GaN 研究コンソーシア
ム」を設立いたします。

「GaN 研究コンソーシアム」は、省エネルギーに資する材料として注目されているGaN(窒
化ガリウム)を中心的な材料として、世界をリードする省エネルギーイノベーション (社会
的・経済的価値) の創出を目的に設立されました。世界をリードしているGaN の研究ポテ
ンシャルを核にして、産学官の密接な連携のもとにオープンイノベーションの拠点を名古
屋地区に創設し、革新的な知の創出から、橋渡し、社会実装までの一貫したプロセスを産
学官で共創することによるイノベーションエコシステムの確立を目指して活動してまいり
ます。また、産学官の各機関に所属する若手人材の積極的な参画を推進し、我が国の将来
を担う研究者・技術者の育成に貢献します。コンソーシアム設立に係る世話人代表は、国
立大学法人名古屋大学 副総長/学術研究・産学官連携推進本部長 財満 鎭明が務めます。
 
なお、現時点で、幹事機関とは別に、学界会員は9 大学から、法人会員23 企業から参加
を表明していただいております。
 
今後、GaN 研究コンソーシアムは、GaN 応用に関する基礎研究から社会実装への展開を迅
速に実施できるように、様々な業種・業界を対象に参画を広く呼び掛けてまいります。



問い合わせ先

<コンソーシアムに関すること>
名古屋大学研究協力部社会連携課内
GaN 研究コンソーシアム事務局
TEL : 052-747-6584
FAX : 052-789-2041
E-Mail: gan-con=aip.nagoya-u.ac.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
<報道対応>
名古屋大学総務部広報渉外課
TEL : 052-789-2699
FAX : 052-788-6272
E-Mail: kouho=adm.nagoya-u.ac.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 (NIMS) 企画部門 広報室
TEL : 029-859-2105
E-Mail: pressrelease=ml.nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)

似たキーワードを含む プレスリリース

2016.11.22
2016.04.27
2016.04.25
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)