ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2015年 > 原子1個の厚みの二酸化チタンシートの作製に成功

原子1個の厚みの二酸化チタンシートの作製に成功

グラフェン類似の極薄新材料の誕生

東北大学 原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)
国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)

東北大学の研究グループは、同機構の幾原雄一教授、王中長准教授らのグループと共同研究を行い、「原子1個の厚み」の二酸化チタンシートの作製に成功しました。

概要

東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR) の大澤健男助教 (現 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 (NIMS) 主任研究員) と一杉太郎准教授の研究グループは、同機構の幾原雄一教授、王中長准教授らのグループと共同研究を行い、「原子1個の厚み」の二酸化チタン (TiO2) シートの作製に成功しました。

近年、グラフェンをはじめとした原子1個の厚みをもつ原子シートに注目が集まっています。2010年のノーベル物理学賞の対象となったグラフェンは、原子シートの中の電子が非常に高い速度で移動するため、超高速電子デバイスやディスプレイなどへの応用研究が精力的に進められています。他にも、レーザーや発光素子等へ展開ができる興味深い光学的性質を持つ原子シートも知られており、新たな物質の開発競争が起きています。その候補のひとつである「金属酸化物」は、強磁性、強誘電性、超伝導や触媒効果などの多彩な性質をもつ魅力的な材料です。しかし、今まで「高機能性を有する金属酸化物原子シートを作製し、特異な機能を創出する技術」は確立されていませんでした。

本研究グループは、原子レベルで構造がわかっているチタン酸ストロンチウム (SrTiO3) の基板表面上にアルミン酸ランタン (LaAlO3) を堆積させ、超高分解能走査型トンネル顕微鏡と走査型透過電子顕微鏡で観察しました。その結果、「LaAlO3薄膜表面に原子1個の厚みの二酸化チタン (TiO2) 2次元シート材料が自発的に形成される」という新事実を発見しました。このTiO2原子シートは、金属酸化物の多彩な物性を活用した電子デバイスや触媒材料など、「新たな酸化物原子シート」としての機能が期待できます。 

本研究成果は、8月20日 (米国東部時間) に、米科学誌「ACS Nano」オンライン速報版に掲載されており、近日中に正式掲載されます。

「プレスリリースの図3 :  ナノ構造制御された2次元TiO<sub>2</sub>原子シート(Ti: 赤, O: オレンジ)。格子状の模様が周期的に形成されている。」の画像

プレスリリースの図3 : ナノ構造制御された2次元TiO2原子シート(Ti: 赤, O: オレンジ)。格子状の模様が周期的に形成されている。




【問い合わせ先】

<研究に関すること>
一杉太郎  (ヒトスギ タロウ)
東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR) 准教授
Tel: 022-217-5944
E-Mail: hitosugi=wpi-aimr.tohoku.ac.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
大澤健男  (オオサワ タケオ)
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 (NIMS) 主任研究員
Tel: 029-860-4806
E-Mail: OHSAWA.Takeo=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
幾原雄一  (イクハラ ユウイチ)
東京大学大学院工学研究科 教授
ファインセラミックスセンター ナノ構造研究所 客員主管研究員
東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR) 教授
Tel: 03-5841-7688
E-Mail: ikuhara=sigma.t.u-tokyo.ac.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
<報道担当>
東北大学原子分子材料科学高等研究機構 (AIMR)  
広報・アウトリーチオフォス
Tel: 022-217-6146
E-Mail: outreach=wpi-aimr.tohoku.ac.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 (NIMS) 企画部門 広報室
TEL: 029-859-2105
E-Mail: pressrelease=ml.nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)