NIMS大学院プログラム ~大学院生募集~

NIMS大学院プログラム ~大学院生募集中!!~

NIMSが大学と協定を締結し、
物質・材料研究分野を牽引する
世界トップクラスの研究現場と経済サポートで
学位取得を目指すプログラム

教員一覧

※名前をクリックすると、教員の研究テーマ、担当コース等の詳細へスクロールします。
教員 大学/担当コース
三谷 誠司 筑波大学大学院 数理物質科学研究群
桜庭 裕弥 筑波大学大学院 数理物質科学研究群
高橋 有紀子 早稲田大学理工学術院 先進理工学研究科
内田 健一 筑波大学大学院 数理物質科学研究群
H. Sepehri-Amin 筑波大学大学院 数理物質科学研究群

三谷 誠司 / Seiji MITANI

三谷 誠司
所属:筑波大学、数理物質系
  • スピントロニクス分野の新奇物質・ナノ構造(超薄膜、超格子、量子井戸等)の創製
  • スピン輸送、スピン軌道効果等の新規物性機能の開拓
  • 量子力学的トンネル磁気抵抗効果:新規メカニズムや新規デバイス

  • 担当コース:筑波大学大学院 数理物質科学研究群
    博士後期課程: 応用理工学学位プログラム/NIMS連係物質・材料工学サブプログラム、および、国際マテリアルズイノベーション学位プログラム
    博士前期課程: 応用理工学学位プログラム/電子・物理工学サブプログラム、および、国際マテリアルズイノベーション学位プログラム

    桜庭 裕弥 / Yuya SAKURABA

    磁性やスピンに由来する特殊な輸送効果や熱電変換効果に注目し、磁性薄膜材料や積層ナノ構造の作製と物性評価を行う。基礎的興味に留まらず、次世代データストレージ、超高感度磁気センサや新規な熱電発電応用など実用デバイスに向けた応用研究を進める。

    担当コース:筑波大学 数理物質科学研究群
    博士: NIMS連係物質・材料工学
    修士: 電子・物理工学

    高橋 有紀子 / Yukiko TAKAHASHI

    大容量データストレージに対応できる磁気記録技術に必要な磁性材料とそれを応用したデバイスの開発を行っています。4 Tbit/in2を超えるハードディスクドライブの実現には、現行の垂直磁気記録方式からエネルギーアシスト磁気記録方式への移行が必要です。本グループでは、熱・高周波磁場・円偏光などのエネルギーアシストによる効率的な磁化反転を実現するための磁気記録媒体の設計を磁化ダイナミクス計測とシミュレーションを併用することにより取り組んでいます。

    担当コース:早稲田大学 理工学術院
    博士: ナノ理工学専攻

    内田 健一 / Kenichi UCHIDA

    スピントロニクス物理と熱エネルギー工学の融合領域「スピンカロリトロニクス」に関する研究を主に行う。最先端の熱輸送・スピン物性計測技術を駆使して、磁性材料やスピントロニクス素子に特有の新奇エネルギー変換原理と、その応用に向けた基盤技術を構築する。

    担当コース:筑波大学 数理物質科学研究群
    博士: NIMS連係物質・材料工学
    修士: 電子・物理工学

    セペリ アミン ホセイン / H. SEPEHRI-AMIN

    グリーンエネルギーへの転換やデータストレージへの応用に向けた、高性能の磁性材料の開発を進めています。そのため、高度なマルチスケール微構造キャラクタリゼーション、データサイエンス、マイクロマグネティックシミュレーション、材料プロセッシングを含め、世界的にもユニークなコンビナトリアル研究アプローチを取り入れています。

    担当コース:筑波大学 数理物質科学研究群
    博士: 国際マテリアルズイノベーション学位プログラム
    修士: 国際マテリアルズイノベーション学位プログラム

    NIMSジュニア研究員

     NIMSジュニア研究員制度は大学院博士課程後期在学中の大学院生を機構の研究スタッフとして活用することを 意図して設置された制度です。ただし、年度ごとの評価があり、その評価に基づいて在学必要標準年限(修士2年、博士3年)更新されます。

    インターンシップ制度

     本制度は、国内外の大学、大学院又は国内の高等専門学校 (本科4年次以上又は専攻科) に在籍中の学生に対し、NIMSにおいて最先端の物質・材料研究に携わる機会を提供するとともに、本制度を通して、NIMSや各種連係・連携大学院制度を広く知っていただくことを目的としています。
     NIMSインターンシップは、受入を実施するNIMS研究者が申請を行います。NIMSでのインターンシップ活動に興味のある学生は、興味ある研究分野のNIMS研究者に直接コンタクトを取ってください。申込方法については、下記ページを必ずご確認ください。
    Page top