ポスドク募集

 現在募集中のポスドク研究員の公募情報を掲載しています。「URL」欄のリンク先に公募情報の詳細や応募方法が記載されていますので、必ずそちらをご確認ください。

ポスドク研究員募集

研究内容 人数 URL
  • スピントロニクス応用を目指した酸化物材料の開発。酸化物薄膜およびヘテロ接合の作製と評価を行う。
  • 1名
    募集ページへ
  • 磁性体を利用した熱電応用へ向け、種々の磁性材料の薄膜もしくはバルク試料を作製し、構造・磁気物性、電気伝導・熱伝導・熱電特性を評価する。
  • 1名
    募集ページへ
  • 電流誘起トルク,偏光,マイクロ波などを用いた高効率な磁化反転の実現を目的とした基礎研究。
  • 1名
    募集ページへ
  • 鉄鋼材料、アルミニウム合金、Ni基合金や磁性材料など、種々の金属系材料の微細組織解析を行う。3次元アトムプローブや透過型電子顕微鏡を用いて組織 - 特性の因果関係を明らかにする研究。
  • 1名
    募集ページへ
  • 優れた室温加工性を有する時効硬化型マグネシウム展伸合金の開発を目的とした研究、及び特性発現メカニズムの解明、軽金属材料の時効硬化に関する研究。
  • 1名
    募集ページへ
  • 希土類磁石材料の開発研究。元素戦略磁性材料研究拠点に参画する研究者と共同で研究課題に取り組んで頂きます。
  • 1名
    募集ページへ

    JSPS Fellowship (日本学術振興会 特別研究員)

     日本学術振興会の特別研究員 に応募して採用された場合、当拠点でポストドックとして受け入れます。制度の概要は日本学術振興会のホームページをご参照ください。応募に際してはメール等で受け入れ研究者とあらかじめご相談ください。 本制度に応募するには、35歳以下であること、日本人または日本の大学で学位を受けたことなどの条件が必要です。学振の特別研究員の待遇は極めて恵まれており、期間も3年ですので、腰を落ち着けて研究に専念することのできる優れた制度です。是非チャレンジしてみてください。応募に際しては、受け入れ研究者として希望する職員に直接相談してください。
    Page top