HOME | NIMS
未来を見据えた、Creative Technology.
  • 当研究グループは、高分子化学を基盤として、有機/無機/金属ナノ複合化による環境調和型機能材料 (電子、光、磁気、触媒、医薬)の創製を目指しています。

お知らせ

プレスリリース (2020年9月8日)
省電力性・発色性に優れた新しい調光ガラスの実証実験を開始
~オフィス普及を見据えて、つくば市の施設に実機を設置し耐久性・操作性を検証~
NIMSウェブサイト (日本語) / つくば市 / JSTウェブサイト
つくばスタートアップパーク / PR TIMES / NEWSつくば / MONOist / EE Times Japan
日本経済新聞 (電子版)
採用 (2020年8月21日)
Bera博士がJSPS外国人特別研究員に採用されました。
試薬販売 (2020年7月1日)
エレクトロクロミック (EC) 特性を有するメタロ超分子ポリマー
Poly(Fe-btpyb)Purple (東京化成工業)
紹介リーフレット(試薬のEC特性、ECデバイスの作製手順、色の変え方などを紹介)
プレスリリース (2020年6月26日)
電気で色が変わる材料の安定供給を実現 ~低価格で高性能な調光ガラスの普及に大きく前進~
NIMSウェブサイト (日本語)
日刊工業新聞(7月9日)等のメディアで紹介されました。
Editors' collection: supramolecular chemistry (2020年5月18日)
M. D. Hossain, et al., RSC Adv., 7, 38008-38013 (2017) (Open Access)
Editors' collection: supramolecular chemistry に再び選ばれました。
メールマガジン (2020年4月8日)
NIMSメールマガジン (第100号) の最新研究ニュースで紹介されました。
さらに多彩な変化が可能に ! わずかな電気で色が変わるポリマー / YouTube
ハイライト講演 (2020年3月20日)
Bera博士の研究が日本化学会春季年会のハイライト講演 (約4,000件の中から6件) に選ばれました。年会は開催中止ですが、科学新聞 (3月20日) で紹介されました。
第100春季年会ハイライト講演 (日本化学会HP)
関連論文:M. K. Bera, et al., ACS Appl. Mater. Interfaces, 12, 14376-14385 (2020)
TV放送 (2019年12月19日)
テレビ東京「ワールド ビジネス サテライト」(トレンドたまご)
電気を流すと色が変化する調光ガラスが紹介されました。
TV TOKYO WBS 【トレたま】電気で色が変わるガラス
facebook World Business Satellite
プレスリリース (2019年11月25日)
にじみを表現できる省電力ソフトディスプレイによる芸術的表現の試み
NIMSウェブサイト (日本語) / JSTウェブサイト
facebook (動画) 紅葉の逆再生も可能!にじむように変化する「落ち葉型ディスプレイ」を開発
化学工業日報 (1面) (11月28日) 等のメディアで紹介されました。
子供の科学 2020年2月号で紹介されました。
NIMS NOW 2020年6-7月号で紹介されました。
NIMS NOW 2020 No. 4 NIMS NOW 2020 No. 4 Electrochromic display
書籍出版 (2019年11月21日)
Metallo-Supramolecular Polymers (Springer, 2019)
技術説明会 (2019年10月18日)
JST戦略的創造研究推進事業 新技術説明会 ~エネルギー~
エレクトロクロミック遮光ガラスに関する発表と個別相談を行いました。
特定テーマ (2019年9月25日~27日)
色とナノ構造
第68回高分子討論会において、上記特定テーマを開催しました。
書籍出版 (2019年6月27日)
エレクトロクロミックデバイスの開発最前線 (CMC出版, 2019)
一般公開 (2019年4月21日)
「あなた色に染まる不思議なガラス」を紹介しました。
NIMS一般公開2019 講演会&実験ショー
Editors' collection: supramolecular chemistry (2019年4月3日)
M. D. Hossain, et al., RSC Adv., 7, 38008-38013 (2017) (Open Access)
上記の論文が Editors' collection: supramolecular chemistry に選ばれました。
企画展示 (2019年2月23日~4月7日)
愛媛県立総合科学博物館(企画展 元素のマトリクス
電気をかけると姿が現れる「みきゃん」と「こみきゃん」を展示しました。
オープンアクセス論文 (2019年2月7日)
T. Yoshida, et al., Dalton Trans., 47, 16066-16071 (2018) (Open Access)
技術展示 (2019年1月30日~2月1日)
Nanotech2019
NIMSのブースでエレクトロクロミック表示デバイスに関する展示/研究紹介を行いました。
研究成果報告会 (2019年1月30日)
JST-CREST成果報告会 (東大)
エレクトロクロミックデバイスに関する研究成果を報告しました。
技術展示/受賞 (2019年1月29日)
SATテクノロジーショーケース
エレクトロクロミックデバイスに関する展示を行いました。
ベスト・アイデア賞を受賞しました。
技術展示 (2018年11月14日~16日)
産業交流展 (東京ビッグサイト)
エレクトロクロミック調光ガラスに関する展示/研究紹介を行いました。
一般公開 (2018年10月19日)
NIMS WEEK 3日目
「電気で色が変わる新しい材料」を紹介しました。
特定テーマ (2018年9月12日~14日)
色と高分子
第67回高分子討論会において、上記特定テーマの開催を予定していましたが、地震のため討論会が中止となりました。
特別企画 (2018年3月23日)
Color Materials Science: Coloration Principles and Stimuli-Responsivity
日本化学会第98春季年会において、上記特別企画を開催しました。
技術展示 (2018年2月14日~16日)
nano tech 2018 (東京ビッグサイト)
JSTのブースで、エレクトロクロミック表示デバイスに関する展示/研究紹介を行いました。
国際ワークショップ (2018年1月25日)
The 4th International Workshop on Chromogenic Materials and Devices(秋葉原)
クロモジェニクスに関する国際ワークショップを開催しました。
プレスリリース (2017年10月17日)
グラデーション変化する調光ガラスの開発に成功
NIMSウェブサイト (日本語) / NIMSウェブサイト (英語) / JSTウェブサイト
日本経済新聞(11月6日)等のメディアで紹介されました。
子供の科学 2018年1月号で紹介されました。
技術展示 (2017年10月4-6日)
NIMS WEEK
5日:ポスター発表 (電気を流すと色が変わる新しいポリマー材料) (東京国際フォーラム)
6日:ラボ公開 (エレクトロクロミック型表示デバイス) (NIMS)
国際ワークショップ (2017年9月29日)
The 3rd International Workshop on Chromogenic Materials and Devices (秋葉原)
クロモジェニクスに関する国際ワークショップを開催しました。
体験学習 (2017年8月10日)
イノベーションキャンパス in つくば
乾電池で色が変わるガラス (デバイス) 作製の体験学習を行いました。
国際ワークショップ (2017年7月7日)
The 2nd International Workshop on Chromogenic Materials and Devices (秋葉原)
クロモジェニクスに関する国際ワークショップを開催しました。
研究成果報告会 (2017年7月4日)
第1回TIA かけはし 成果報告会
メタロ超分子ポリマーの高効率製造法開発に関する研究成果を報告しました。
一般公開 (2017年4月23日)
「電気が流れると色が変わる新しい材料」を紹介しました。
オープンアクセス論文 (2017年3月28日)
C. Chakraborty, et al., J. Mater. Chem. C, 4, 9428-9437 (2016) (Open Access)
国際ワークショップ (2017年3月15日)
The 1st International Workshop on Chromogenic Materials and Devices (NIMS)
クロモジェニクスに関する国際ワークショップを開催しました。
書籍出版 (2017年3月1日)
科学立国日本を築く Part II 次代を拓く気鋭の研究者たち (日刊工業新聞社, 2017)
採用 (2017年2月24日)
清野博士がJSPS特別研究員 (PD) に採用されました。
技術展示 (2017年2月15日~17日)
nano tech 2017(東京ビッグサイト)
NIMSのブース (3日間) とJSTのブース (初日のみ) で、エレクトロクロミック表示デバイスに関する展示/研究紹介を行いました。
科学講座(2017年2月3日)
つくばサイエンスカフェ SCIENTIA 2017 (NIMS)
乾電池で色が変わるガラス(デバイス)作製の体験講座を行いました。
技術展示/受賞 (2017年1月31日)
SATテクノロジー・ショーケース2017 (つくば国際会議場)
ハサミで好きな形に切れるディスプレイ関する展示/研究紹介を行いました。
ベスト産業実用化賞を受賞しました。
技術展示 (2016年10月20-21日)
NIMS WEEK(東京国際フォーラム)
好きな形に切れるディスプレイを紹介しました。
TV放送 (2016年9月4日)
TBS「未来の起源」
清野博士が紹介されました。
TV放送 (2016年7月22日)
テレビ東京「モーニングチャージ」
好きな形に切れるディスプレイが紹介されました。
プレスリリース (2016年7月13日)
好きな形に切れるディスプレイの開発に成功
NIMSウェブサイト (日本語) / NIMSウェブサイト (英語) / JSTウェブサイト
読売新聞/日本経済新聞/東京新聞/常陽新聞等、国内外の多数の新聞/雑誌/ネットニュースで紹介されました。
一般公開 (2016年4月20日)
「電気が流れると色が変わる新しい材料」を紹介しました。
所属とグループ名の変更 (2016年4月1日)
組織改編に伴い、グループ名が「電子機能材料グループ」から「電子機能高分子グループ」に変わりました。
技術展示 (2016年1月27日~29日)
nano tech 2016 (東京ビッグサイト)
JSTのブースで、エレクトロクロミック表示デバイスに関する展示/研究紹介を行いました。
出張授業 (2015年12月14日) &ラジオ放送 (2016年1月9日)
サイエンスQの一環として、つくばみらい市立陽光台小学校で出張授業を行いました。
授業の模様はラヂオつくばで放送されました。
NIMSインターンシップ制度 (2015年8月~10月)
本年度、お茶ノ水大学から2名受け入れました。
見学/体験学習 (2015年7月~8月)
下記高校からの訪問がありました。
水沢高校 (岩手)、西湘高校 (神奈川)、新潟高校 (新潟)、岡崎高校 (愛知)
神戸高校 (兵庫)、高松北高校 (香川)、致遠館高校 (佐賀)
一般公開 (2015年4月15日)
「電気が流れると色が変わる新しい材料」を紹介しました。
出張授業 (2014年10月31日) &ラジオ放送 (2014年11月9日)
サイエンスQの一環として、つくばみらい市立伊奈中学校で出張授業を行いました。
授業の模様はラヂオつくばで放送されました。
受賞 (2014年7月2日)
NIMS Conference 2014 (つくば国際会議場)
Pandey博士がBest Poster Awardを受賞しました。
動画公開 (2013年9月11日)
エレクトロクロミック表示デバイスの動画を公開しました。
NIMSホームページ / YouTube
受賞 (2013年8月22日)
つくばサイエンス・クエスト (イノベーションフォーラム in つくば)
参加した高校生 (電子ペーパーチーム)の企画プレゼンが最優秀賞を受賞しました。
受賞 (2013年7月2日)
NIMS Conference 2013 (つくば国際会議場)
張健氏がBest Poster Awardを受賞しました。
受賞 (2013年4月25日)
日本化学会第93春季年会(立命館大学)
胡致維博士が優秀講演賞(学術)を受賞しました(2種類の金属イオンを有する有機/金属ハイブリッドポリマーにおけるエレクトロクロミック特性)。
関連論文:C.-W. Hu, et al., J. Mater. Chem. C, 1, 3408-3413 (2013).
プレスリリース (2013年3月29日)
2次元有機材料 厚さ3.5ナノメートルのチオフェンナノシートを世界ではじめて合成
採用 (2013年1月15日)
Pandey博士がJSPS外国人特別研究員に採用されました。
手作りお菓子 (2012年12月12日)
手作りお菓子
受賞 (2012年10月25日)
第12回NIMSフォーラム (東京 国際フォーラム)
佐藤博士がポスター賞を受賞しました (空気中の物質を敏感に感知して発光するフィルム)。
関連論文:T. Sato, M. Higuchi, Chem. Commun., 48, 4947-4949 (2012)
TV放送 (2012年5月22日 (再放送5月29日))
BSフジ「アトリエ de 加山」
エレクトロクロミックディスプレイが紹介されました。
プレスリリース (2012年5月21日)
空気中の物質を鋭敏に感知して発光するフィルムを開発
産経新聞 (5月28日) 等で紹介されました。