NIMS WEEK 2018

2018年10月15日、16日、19日

材料進化の最前線

物質・材料研究機構(NIMS)の学術的な最新成果、実用化が期待される最新技術をご紹介する一週間「NIMS WEEK」。本年は「NIMS学術シンポジウム」「NIMSショーケース」「NIMSラボ公開」の3つのプログラムでNIMSの最新成果をご紹介いたします。
磁性材料開発のトップ研究者2名によるNIMS Award受賞講演、実用化を狙う新材料の成果・実物展示会、企業と研究者を結びつける個別相談会など毎回大好評の企画に加え、今年も過去最大規模のラボ公開を実施いたします。

「材料進化の最前線」をぜひ会場で体感してください。

NIMS学術シンポジウム

磁性材料イノベーション

10月15日(月)10:00~18:00(受付9:30~)
東京国際フォーラム ホールB5

day1:磁性材料イノベーション
NIMSが世界的に顕著な業績をあげた材料研究者に授与するNIMS Awardの授賞式と受賞を記念して開催する磁性材料をテーマにした学術シンポジウム。

使用言語:日本語・英語(同時通訳あり)

最新成果展示会

NIMSショーケース2018

10月16日(火)10:00~17:30(受付9:30~)
東京国際フォーラム ホールB7

NIMSショーケース2018
大進化を遂げるNIMS発の新材料。多様な課題の解決、新製品の創出によりビジネスの新地開拓へ。企業と研究者を結びつけるNIMS一色の1日。

使用言語:日本語

NIMSラボ公開

ラボ・共用設備大公開

10月19日(金)9:30~16:00(受付9:30~)
物質・材料研究機構(NIMS) 千現地区・並木地区・桜地区

ラボ・共用設備大公開

理事長ご挨拶

平成28年10月、国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)は特定国立研究開発法人として新たなスタートを切り、現在3年目を迎えております。NIMSには、第5期科学技術基本計画で掲げるSociety5.0(超スマート社会)の実現に向けて、我が国全体のイノベーションシステムを強力にけん引する中核的機関としての役割が期待されています。この期待に応えるべく、NIMSは、基礎基盤力の強化とオープンイノベーションによる我が国の素材・材料産業の競争力強化に取り組んでいます。

今年は10月の第3週をNIMS WEEKと称し、前半は東京国際フォーラムにおいて磁性材料をテーマとした学術シンポジウムとNIMSの最新研究成果を発表・展示するショーケースを開催します。後半はつくばにてNIMSの研究施設を一挙公開すると共に、企業向け、そして今年から新しく学生向けラボツアーを多数企画し皆様のご来場をお待ちしています。NIMS WEEKを通じて「材料進化の最前線」を是非体感していただきたいと思います。

国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)
理事長 橋本 和仁

NIMS WEEKの最新情報、配信中!

「NIMS WEEK 2018」の最新情報は、NIMS「使える!メールマガジン」でもご案内予定です。メールマガジンでは、イベントの見どころ、主なプログラムの紹介のほか、発表予定の成果発表の紹介や、事前参加登録受付開始もお知らせいたします。
いち早くNIMS WEEKの最新情報をお知りになりたい方は、メールマガジンをぜひご活用ください。