ホーム > 広報活動 > ムービーライブラリ > 最新研究映像 NIMSの力! > わずかな電気を流すと 一瞬で彩色できるガラス

わずかな電気を流すと 一瞬で彩色できるガラス

最新研究映像 NIMSの力 6

「わずかな電気を流すと 一瞬で彩色できるガラス」の画像

解説

モバイル端末や街頭に増えてきたデジタル看板で
重要性が増すディスプレー。
最新型飛行機にはつまみを回すと色の濃さが変わる窓。

今「彩色できる透明な板」の用途に注目が高まっています。

NIMSが開発しているのは、
乾電池などのわずかな電気を一瞬通すと、
その瞬間に色が変わるポリマーです。

これをガラスに塗れば、スイッチを押した瞬間、
きれいな模様が現れる不思議なガラスになります。
赤、青、黄色、緑に紫。中に含む金属イオンを変えることで、
すでに様々な色が実現できています。

どんなガラスで、どんな仕組みなのか。
こちらの映像をご覧ください !

Copyright © 2013 NIMS. All Rights Reserved.

関連画像
YouTubeプレーヤー右下のマーク (右図) を
クリックして、全画面モードでご覧下さい。

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029