ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 構造材料研究拠点第3回シンポジウムを開催

構造材料研究拠点第3回シンポジウムを開催

2016.09.28
(2016.10.14 更新)


平成28年9月28 日 (水) に物質・材料研究機構 千現地区において、第3回構造材料研究拠点シンポジウムを開催しました。国土強靭化および産業競争力強化に資する構造材料の研究拠点としてH26年10月に発足した当拠点は、課題解決型の基礎基盤研究並びに社会実装に向けた革新的シーズ創出とその磨きあげを産学官が連携して推進する場の形成を目指し、各種の大型プロジェクト研究を展開してきましたが、今回のシンポジウムでは、産業界有識者からのご講演・ご議論をいただきながら、前年度までに行われてきた研究プロジェクトや外部連携研究の進捗状況を報告するとともに、今後の構造材料研究の方向性についても議論を行いました。

関連画像

シンポジウムには約160名もの方々にご参加いただきました。小出理事の開会挨拶に続き、来賓を代表して、新構造材料技術研究組合 岸輝雄 理事長からご挨拶を頂戴しました。土谷浩一拠点長からは、拠点概要の紹介として、拠点の体制やプロジェクトの概要などが紹介されました。
引き続き、トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー 基盤材料技術部部長 梅村晋様より、「次世代自動車における革新的構造材料と接着接合技術への期待」と題した招待講演をいただきました。
さらに拠点内部からの発表として、前年度までに構造材料研究拠点で行ってきた外部連携活動について報告を行いました。さらに、構造材料つくばオープンプラザ (TOPAS) の活動報告として、堤直人プラザコーディネータが組織概要とインフラ構造材料クラスターについて、また、内藤昌信グループリーダーが接着材料クラスターについて報告しました。

「NIMS 小出康夫理事」の画像

NIMS 小出康夫理事


「新構造材料技術研究組合岸 輝雄理事長」の画像

新構造材料技術研究組合岸 輝雄理事長


「構造材料研究拠点 土谷浩一拠点長」の画像

構造材料研究拠点 土谷浩一拠点長


「トヨタ自動車株式会社 基盤材料技術部部長 梅村晋様」の画像

トヨタ自動車株式会社 基盤材料技術部部長 梅村晋様



千現地区 第1会議室での講演会を終了後、本館第1会議室から先進構造材料研究棟に移動し、オープンハウス形式のポスター発表を行いました。エレベータホール前にポスターボードを設置し、新材料・新技術が生まれる研究現場の躍動感を身近に感じていただきながら、活発なご議論が行われました。

「ポスター発表風景」の画像

ポスター発表風景


「終了後、技術交流会風景」の画像

終了後、技術交流会風景



国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)