拠点について

構造材料研究拠点 組織図

組織図

社会空間材料分野(土谷 浩一)

橋梁などの社会インフラの長寿命化に資する材料とその周辺技術の開発研究を行う。

エネルギー構造材料分野(御手洗 容子)

発電プラント等のエネルギー機器の効率向上・長寿命化に資する材料とその周辺技術の開発研究を行う。

輸送機材料分野(大村 孝仁)

自動車・航空機などの輸送機器の軽量化・安全性向上に資する材料とその周辺技術の開発研究を行う。

材料信頼性分野(田淵 正明)

高温、極低温環境を含む実環境下での材料の信頼性の評価とその向上に関する研究開発を行う。

構造材料基盤技術分野(中村 照美)

各種構造材料に共通するプロセスや評価技術を開発・高度化する研究を行う。

構造材料基礎科学分野(原 徹)

各種構造材料における諸特性発現の機構解明のための研究や、それを支える共通基盤的解析技術・計算科学などの手法開発を行う。

構造材料試験プラットフォーム(木村 一弘)

構造材料研究に必要な素材作製・加工と材料信頼性および規格・基準策定において必要な長期材料データ取得とそのデータベース化を行う。

構造材料解析プラットフォーム(原 徹)

構造材料に特有の課題とも言える力学特性や腐食特性、さらにそれらの諸特性に影響を及ぼす組織因子を明確化する組織解析について、解析技術開発とサポートを行う。

鍛造プラットフォーム(岸本 直樹)

大型鍛造シミュレータを駆使して次世代鍛造プロセス技術を構築し、航空部材や耐熱材料、新開発材料の産業応用を目指す。
ページトップ