ホーム > 研究情報 > 計算構造材料設計グループ

計算構造材料設計グループ

材料の特性はそのミクロ組織に大きく依存します。我々は種々のシミュレーション手法を駆使して組織形成のメカニズムを解明し、材料のナノ構造制御へ向けた組織予測手法の確立を目指しています。

専門分野・研究対象

組織形成過程を様々なスケ—ルや角度から解析するために、原子レベルの変化を考慮できる、第一原理手法、分子動力学(MD)法やモンテカルロ(MC)法、ナノスケールからマクロスケールまで動的に扱えるPhase-field法、およびCALPHAD法等の計算熱力学手法があります。これら種々の手法を使い分けあるいは組み合わせることで、材料の組織と特性の予測に取り組んでいます。

関連画像


お問い合わせ先

計算構造材料設計グループ
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
E-Mail: ohnuma.ikuo=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029