ホーム > 研究情報 > エネルギー・環境材料研究拠点

エネルギー・環境材料に関する世界トップ拠点を目指して

多様なエネルギー利用を実現するためのネットワークシステムを意識したエネルギー・環境材料の開発を行います。具体的には、システム化・デバイス化を明確に目指して、太陽電池、全固体二次電池、空気電池、燃料電池、水素製造システム、熱電デバイス等に関わる材料開発を行うとともに、エネルギー変換・貯蔵の基盤としての電極触媒を開発し、理論計算科学による機構解明・材料設計とマテリアルズ・インフォマティクスの活用により材料開発を加速します。

拠点内には、文科省委託事業であるナノ材料科学環境拠点(GREEN)と、次世代蓄電池開発の基盤設備群である蓄電池基盤プラットフォームを持ち、エネルギー・環境材料に関する世界トップ拠点を目指します。

News

「光のON-OFFで摩擦の増減を制御」の画像
2016.12.08 更新 プレスリリース
2016.10.06 更新 プレスリリース

新規添加剤の開発によるペロブスカイト太陽電池の安定性の向上

~光照射下での安定性が6倍向上 早期実用化へ前進~

2016.08.30 更新 プレスリリース

新たなリチウムイオン伝導性液体の発見

- 水を用いた安全・安価・高性能な超3 V動作リチウムイオン電池へ -


Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。

お問い合わせ先

エネルギー・環境材料研究拠点 運営室
〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1
TEL. 029-860-4953
FAX. 029-860-4981
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)