ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > NIMS Award受賞者に佐川眞人氏、宮﨑照宣氏の2氏が決定

NIMS Award受賞者に佐川眞人氏、宮﨑照宣氏の2氏が決定

国立研究開発法人 物質・材料研究機構

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 (理事長 : 橋本和仁 (以下、NIMS) ) は、本年度のNIMS Award受賞者を下記の2名に決定いたしました。
受賞者
佐川 眞人
(大同特殊鋼株式会社、顧問)
佐川 眞人氏
宮﨑 照宣
(東北大学、名誉教授)
宮﨑 照宣氏

佐川氏の「ネオジム磁石の発明とその実用化」、宮﨑氏の「室温巨大磁気抵抗を発現するトンネル磁気抵抗素子の発見」が本年のNIMS Award 2018の対象分野「磁性・スピントロニクス材料」において世界的に傑出した業績として評価されました。両氏の研究成果は電気自動車、ハードディスクドライブ、磁気抵抗ランダムアクセスメモリ(MRAM)といった磁性材料を応用した産業創出につながり、社会に大きな影響を及ぼしました。

NIMS Award 2018の授賞式及び受賞記念講演会は、10月15日に「NIMS WEEK 2018」の一貫として東京国際フォーラムにて行われる予定です。


NIMS Award

NIMSでは、2007年より物質・材料に関わる科学技術において優れた業績を残された研究者に国際賞「NIMS Award」を授与しております。
今回のテーマ「磁性・スピントロニクス材料」における候補者を世界各国のトップ科学者に推薦を依頼し、中立な立場の有識者で構成された委員会により厳正な選考を行いました。

NIMS WEEK

年に1度、NIMSが「学術シンポジウム・ショーケース・ラボ公開」を1週間で集中的に開催する成果発表イベントです。世界的な材料研究者に授与するNIMS Awardの受賞記念学術シンポジウムをはじめ、最新材料研究展示会、研究者と直接語り合う個別相談会、さらにNIMSの研究活動、連携制度、大学院・職員の採用情報等を広報する過去最大規模の「ラボ公開」など、材料研究の最前線を体感できる1週間となっています。
NIMS WEEK 2018 開催日程
日付 イベント名 会場
10月15日 (月) NIMS学術シンポジウム 東京国際フォーラム ホールB5
10月16日 (火) NIMSショーケース 東京国際フォーラム ホールB7
10月19日 (金) NIMSラボ公開 NIMS千現地区、並木地区、桜地区


本件に関するお問い合わせ先

(NIMS Awardに関すること)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
外部連携部門 学術連携室
志賀野 久美子
TEL:029-859-2039
FAX:029-859-2161
E-Mail: SHIGANO.Kumiko=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
(報道に関すること)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
経営企画部門 広報室
TEL: 029-859-2026
FAX: 029-859-2017
E-Mail: pressrelease=ml.nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029