10/15(月) NIMS学術シンポジウム
磁性材料イノベーション
東京国際フォーラム ホールB5

世の中を変えた磁性材料イノベーション

- 電気自動車・大容量ストレージ・省エネメモリを可能にした材料

エコカーとして急速に普及し始めている電気自動車(EV)、IoT社会で大量のデータを蓄えるハードディスクドライブ(HDD), 次世代の省エネコンピューティングメモリとして開発の進んでいる磁気抵抗ランダムアクセスメモリ(MRAM)、これら現代社会になくてはならない磁気応用製品は磁性材料の革新によって可能になってきました。

NIMSは世の中を大きく変えた磁気応用技術につながった材料の発明・開発で顕著な業績を挙げられた2名の材料科学者に2018年度NIMS AWARDを授与いたします。
世界最強ネオジム磁石の発明者の佐川眞人博士とスピントロニクス応用の契機となった室温巨大トンネル磁気抵抗素子の発明者の宮﨑照宣博士です。

授賞記念講演ではそれぞれの材料イノベーションがどのように生まれて、それがどのように実用化に繋がっていったかを概観していただきます。受賞講演に引き続き、第一線の研究者によりこれらの技術が現在どのように応用されているか、さらにIoT社会で要求される高度な応用に発展し続けるための課題についてご講演いただきます。この学術シンポジウムを通して磁性・スピントロニクス応用分野での最先端の材料研究の現状と将来展望を俯瞰していただけるものと思っております。

講演は専門外の研究者・エンジニア・理工系学生にご理解いただけるように依頼しており、全ての講演に日英の同時通訳を行いますので、お気軽にご参加ください。

主なプログラム

印刷用プログラム(PDF)

2007年より、世界の材料研究を牽引するトップ研究者に授与してきたNIMS Award。本年は「磁性・スピントロニクス材料」分野において産業応用につながった業績を顕彰し、受賞者による記念講演を行います。

NIMS Award 2018受賞者

佐川 眞人 大同特殊鋼株式会社 顧問

「ネオジム磁石の発明と実用化」

NIMS Award受賞記念講演 10:40~11:25

「R-Fe-X 永久磁石の発展(X=B,C,N)」

宮﨑 照宣 東北大学 名誉教授

「トンネル磁気抵抗素子における室温巨大磁気抵抗の実現とそのスピントロニクスデバイス応用に関する先導的研究」

NIMS Award受賞記念講演 11:25~12:10

「スピントロニクスの発展 -私の係わりを中心に-」

関連情報

永久磁石材料研究の最前線

電気自動車やロボットの普及により大量の永久磁石材料が必要になってきます。永久磁石材料をとりまく課題と最先端の研究を紹介します。

NIMS講演1 13:30~14:00

宝野 和博 NIMS理事/磁性・スピントロニクス材料研究拠点長

「磁石大量消費時代にそなえた永久磁石研究の最前線」

招待講演1 14:00~14:30

Professor Oliver Gutfleish Technical University of Darmstadt

“Rare earth free and free rare earth permanent magnets (tentative)”

次世代磁気記録材料研究の最先端

IoT社会の発展で肥大化するビッグデータ。このストレージを担う磁気記録を高容量化するための最先端研究を紹介します。

招待講演2 14:30~15:00

Professor Jimmy Zhu Director, Data Storage Systems Center, Carnegie Mellon University

“Present state of hard disk drive technology developments, in particular on MAMR (tentative)”

招待講演3 15:00~15:30

Doctor Jan-Ulrich Thiele Seagate Technology

“Next generation hard disk drive technology – heat assisted magnetic recording, HAMR (tentative)”

NIMS講演2 15:30~15:45

桜庭 裕弥 NIMS 磁性材料グループ 主任研究員

「次世代磁気記録のための先端磁性材料開発」

MRAM研究の最前線

不揮発メモリーとして実用化された磁気抵抗メモリー、MRAM。応用をさらに広げるためにはメモリーの高容量化が必要です。そのためのMRAM研究の最先端を紹介します。

招待講演4 16:30~17:00

湯浅 新治 産業技術総合研究所 スピントロニクス研究センター長

「MgOバリア巨大トンネル磁気抵抗素子の発明と再生ヘッド・MRAM応用(仮)」

招待講演5 17:00~17:30

Doctor Daniel Worledge
Distinguished Research Staff Member, Senior Manager, MRAM & PCM, IBM Almaden Research Center

“Development of spin transfer torque MRAM (tentative)”

NIMS講演3 17:30~17:45

三谷 誠司 NIMS スピントロニクスグループ グループリーダー

「次世代MRAMのための材料開発」

受賞対象領域の研究に携わる若手研究者を中心に、機関の枠を超えた100件の活発なポスターセッションを行います。優秀なポスター発表には本年度NIMS Award受賞者からポスター賞が贈呈されます。

【展示時間】
10:00~18:00
【コアタイム】
(1) 12:10~13:30(ランチタイム)
(2) 15:45~16:30(コーヒーブレイク)

ポスター発表をご希望の方はこちらをご覧ください。

ポスター発表者募集中!

テーマ: 磁性材料、スピントロニクス材料

ポスター発表をご希望の方は、下記の要領に従ってアブストラクトをお送りください。

  • 言語:英語
  • 発表カテゴリー:
    1. Permanent Magnet and other Magnetic Materials
    2. Materials for Magnetic Recording and Data Storage
    3. Spintronic Materials for Memory
    4. Other
  • 書式:テンプレートをダウンロードする
  • 提出方法:abstract@ml.nims.go.jpへメールにて送信
  • ※必ず↑をクリックしてメールを立ち上げてください。
    以下の必要情報が記載されたメールのテンプレートが開きます。
  • 提出期限:2018年8月31日(金)