ホーム > 研究情報 > 拠点 / 企業連携センター > NIMS-サンゴバン先端材料研究センター

伝統のガラステクノロジーと、最先端ナノテクノロジーの融合が、
次世代の建築と居住環境のイノベーションを創出します

2010年6月24日、NIMSはサンゴバン社と「NIMS Saint-Gobain Center of Excellence for Advanced Materials」設立の、COE連携契約を締結いたしました。そしてこのCOE共同研究を推進するため、同年9月6日には、NIMS-サンゴバン先端材料研究センター (センター長 : 知京豊裕) がNIMS並木地区に設置されました。2012年5月には新設のNanoGREEN棟にオフィスを移転、また2013年4月から大橋直樹 (機能性材料研究拠点長) が第2代目のNIMS-サンゴバン先端材料研究センター長に就任しました。

News

2016.05.06 更新
2016.02.08 更新

第11回運営委員会開かれる

2016年2月3日(水) : サンゴバン本社ビル (フランス・パリ)

2016.02.01 更新


サンゴバン社

サンゴバン (Saint-Gobain) 社 (本社 : パリ) は、ルイ14世の時代、ベルサイユ宮殿の「鏡の間」の造営のために参集したガラス職人を起源として、1665年に設立されたヨーロッパで最も古い伝統を誇る建材企業です。

例えば、有名なルーブル美術館入り口の「ピラミッド」にも同社のガラステクノロジーが投入されています。現在サンゴバン社は、環境に配慮した、次世代の省エネルギー型居住環境を構築するための様々な先進材料を開発・提供し、この分野で世界をリードしています。


研究体制

平成28年度7月より、本センターのNIMS側責任者 (センター長) は、機能性材料研究拠点長の大橋 直樹、サンゴバン社側の責任者 (Co-Director) は、サンゴバン株式会社 (東京) のダビッド ルシュバリエが務めています。

センター事務局は、並木地区NanoGREEN棟5階512号室に設置されております。


研究成果の公表

論文


特許


センター長 (兼Co-Director)

(おおはし なおき)<br />

大橋 直樹

(おおはし なおき)


サンゴバンCO-Director

「ダビッド ルシュバリエ」の画像

ダビッド ルシュバリエ


お問い合わせ先

NIMS-サンゴバン先端材料研究センター
〒305-0044 つくば市並木1-1
並木地区 NanoGREEN棟5階512号室
TEL / FAX: 029-860-4979(ルシュバリエ、重村)

E-Mail: saint-gobain.coe=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
外部連携部門 連携企画室
機能性材料研究拠点
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)