ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2011年 > 汎用性の高い超高感度センサーの開発に成功

汎用性の高い超高感度センサーの開発に成功

医療・バイオ・環境・セキュリティーなど様々な分野への応用に期待

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMS国際ナノアーキテクトニクス研究拠点は、スイス連邦工科大学ローザンヌ校および、Heinrich Rohrer博士と共同で、従来型センサーに比べて飛躍的に高い感度を有する画期的な膜型表面応力センサーの開発に成功した。

概要

独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 潮田 資勝) 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (拠点長 : 青野 正和) の吉川 元起 研究員は、スイス連邦工科大学ローザンヌ校および、Heinrich Rohrer博士 (1986年ノーベル物理学賞受賞) と共同で、従来型センサーに比べて飛躍的に高い感度を有する画期的な膜型表面応力センサーの開発に成 功した。本センサーは、小型・集積・多チャンネル化などが可能であり、半導体デバイスと同様に大量生産も可能であるため、医療・バイオ・環境・セキュリ ティーなど広範な用途に応用可能である。

「プレス資料中の図2 : 新たに開発した膜型表面応力センサー (MSS) 。中央の膜上に吸着した検体分子による表面応力を、膜周囲の4個のブリッジに埋め込まれたピエゾ抵抗によって効率よく検出する。」の画像

プレス資料中の図2 : 新たに開発した膜型表面応力センサー (MSS) 。中央の膜上に吸着した検体分子による表面応力を、膜周囲の4個のブリッジに埋め込まれたピエゾ抵抗によって効率よく検出する。



掲載論文

Nanomechanical Membrane-type Surface Stress Sensor
Genki Yoshikawa, Terunobu Akiyama, Sebastian Gautsch, Peter Vettiger,
Heinrich Rohrer
Nano Letters (2011) (巻・号は現時点では未定)


お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (MANA)
ICYS-MANA 研究員 
吉川 元起 (よしかわ げんき) 
TEL: 029-851-3354 (内線8908)
E-Mail:電子メールアドレス
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
企画部広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029