ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2013年 > 耐熱超合金の開発で山崎貞一賞を受賞

耐熱超合金の開発で山崎貞一賞を受賞

2013.11.22
(2013.12.03 更新)


平成25年11月22日 (金) 、NIMS環境エネルギー材料部門の原田広史特命研究員、川岸京子主任研究員、横川忠晴元主幹研究員の3名が、一般財団法人材料科学技術振興財団山崎貞一賞を受賞しました。

「贈呈式で賞状を受ける原田広史特命研究員」の画像

贈呈式で賞状を受ける原田広史特命研究員



山崎貞一賞は、新材料に関して、実用化につながる優れた創造的業績をあげた人を対象とし、今年が13回目となります。


原田特命研究員らは、ニッケルを主成分とする耐熱性で世界記録を誇る超合金を開発し、高温タービン材料として最新型ジェット機のエンジンやガスタービンなどへの実用化につなげました。このタービンを用いると、燃料を従来よりも高い温度で燃焼させることができるため、CO2の排出量を削減することができます。


贈呈式は東京上野の日本学士院で行われ、白川英樹選考委員長による受賞理由の紹介のあと、受賞者全員に賞状、金メダルおよび賞金が贈呈されました。さらに受賞者を代表して原田特命研究員がこれまでの研究内容について発表を行いました。


「表彰を受ける3人の研究員 (中央から原田広史、川岸京子、横川忠晴。一番左は白川英樹選考委員長)」の画像

表彰を受ける3人の研究員 (中央から原田広史、川岸京子、横川忠晴。一番左は白川英樹選考委員長)


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029