大学院生募集

 磁性・スピントロニクス材料研究拠点では、筑波大学大学院生を連係大学院制度*を用いて受け入れています。下記に各種制度を紹介しますので、最先端の磁性・スピントロニクス材料、それらの構造と磁気・伝導特性の関係に興味を持つ若い研究者の参加を歓迎します。

筑波大学大学院数理物質科学研究科連係大学院

 当拠点・磁性材料グループリーダー宝野和博とスピントロニクスグループリーダー三谷誠司筑波大学大学院数理物質科学研究科連係大学院の教官を兼坦しており、 当拠点でおこなう研究により、筑波大学から工学修士ならびに博士の学位取得が可能です。院生は前期課程は物性・分子工学専攻または電子・物理工学専攻の物質・材料工学コース、後期課程では物質・材料工学専攻に所属し、修士課程の授業は筑波大キャンパスで、研究は物質・材料研究機構で行い、博士課程では全ての研究・教育が物質・材料研究機構内でおこなわれます。当拠点の大学院生は全員がリサーチアシスタントシップを受けており、経済的に自立して研究に専念することができます。本ホームページで紹介したような研究に意欲的に取り組み、筑波大学 から修士または博士号を取得されようとする大学院学生を積極的に受け入れています。

 出願ならびに選抜方式に関しては筑波大学大学院数理物質科学研究科ホームページまたは物質・材料工学専攻ホームページをご覧いただくか、下記に お問い合わせください。 なお出願に際しては必ず担当教官と事前に研究テーマについての打ち合わせを行ってください。

 修士課程からの入学希望者で、在籍校の学部成績が優秀な学生については、一般入試に先立って推薦入試を受ける事が出来ます。推薦入試の合格の目安は全学業成績の約7.5割以上がAであり、語学力ならびに基礎的な専門知識があることとなります。出願希望者は想定される指導教官と直接連絡を取ってください。なお、入学者全員にNIMSジュニアリサーチアソシエイトシップが付与される予定です。
★平成30(2018)年4月入学希望者対象NIMSジュニア研究員、現在公募中です。
締め切りは、6月1日(木)です。

 修士、博士課程への入学を希望される方の見学を随時受け付けています。TOEICまたはTOEFLの試験結果の提出が義務づけられますので、受験を希望される方は、出願時までにTOEFLまたはTOEICを受験し、その公認認定証を受け取っておく必要があります。

〒305-8577
つくば市天王台1-1-1
筑波大学学務部大学院課入試担当
TEL 029-853-2030
〒305-0047
つくば市千現 1-2-1
物質・材料研究機構
磁性・スピントロニクス材料研究拠点
筑波大学数理物質科学研究科教授(連係)
宝野和博 三谷誠司
TEL 029-859-2718

*連係大学院は機構職員が筑波大の専任教官を兼坦し、大学院生の教育・研究指導を行う制度です。

NIMSジュニア研究員

 NIMSジュニア研究員制度は大学院博士課程後期在学中の大学院生を機構の研究スタッフとして活用することを 意図して設置された制度で、筑波大学数理物質科学研究科物質・材料工学コース(修士)、物質・材料工学専攻に受け入れられた学生は実績として全員が NIMSジュニア研究員に任用されています。ただし、年度ごとの評価があり、その評価に基づいて在学必要標準年限(修士2年、博士3年)更新されます。

インターンシップ制度

 本制度は、国内外の大学、大学院又は国内の高等専門学校 (本科4年次以上又は専攻科) に在籍中の学生に対し、NIMSにおいて最先端の物質・材料研究に携わる機会を提供するとともに、本制度を通して、NIMSや各種連係・連携大学院制度を広く知っていただくことを目的としています。
  • 2017年度第2次NIMSインターンシップの公募を開始しました。 応募の締切は2017年5月17日(水)です。
  •  NIMSインターンシップは、受入を実施するNIMS研究者が申請を行います。NIMSでのインターンシップ活動に興味のある学生は、興味ある研究分野のNIMS研究者に直接コンタクトを取ってください。申込方法については、下記ページを必ずご確認ください。

    東京理科大学大学院基礎工学研究科

     磁性材料解析グループリーダー大久保忠勝東京理科大学大学院基礎工学研究科材料工学専攻の客員教授を2008年4月から併任しており、東京理科大学から工学修士・博士の取得を目指す学生の受け入れを行い、教育・研究指導と研究者の育成を行っています(副指導教員:石黒孝教授)。 授業は葛飾キャンパスで、研究は物質・材料研究機構で行い、アトムプローブやTEMによるナノ解析の研究に意欲的に取り組み、東京理科大学から修士号を取得されようとする大学院学生を積極的に受け入れます。
     出願ならびに選抜方式に関しては東京理科大学入学案内をご覧いただくか、下記にお問い合わせください。なお出願に際しては必ず担当教官と事前に研究テーマについての打ち合わせを行ってください。
    〒305-0047
    つくば市千現 1-2-1 物質・材料研究機構
    磁性・スピントロニクス材料研究拠点
    磁性材料解析グループ
    東京理科大学 大学院基礎工学研究科 客員教授
    大久保忠勝

    **連携大学院は機構職員が大学院の客員教授となり、大学院生の教育ならびに研究を大学の専任教官とともに行う制度です。
    Page top