ホーム > 外部連携 / 大学院 > 学術連携センター

公的機関や大学との研究交流や研究活動の舞台となる連携センター

2013.08.02 更新

NIMS - 国立台湾大学連携研究センター

"Center of Strategic Materials Alliance for Research and Technology: SMART Center"

センターについて

本センターは平成25年7月26日に台湾の国立台湾大学との間で締結された「学術連携センターに関する契約」に基づき、国立台湾大学キャンパスおよびNIMS内に設置されました。国立台湾大学とはすでに包括協力協定および国際連携大学院協定を結んでおり、またこれまでにも頻繁に人材交流を行い、平成25年1月には台北市内で合同ワークショップを開催するなど、すでに研究交流も進めていましたが、本センターは長期的な研究者の派遣や研究施設の共同利用等を含め、さらに幅広い先端材料について活発な連携共同研究を進めるために設立されました。

国立台湾大学について

「国立台湾大学キャンパス」の画像

国立台湾大学キャンパス


国立台湾大学は日本統治時代の1928年に台北帝国大学として台湾に創設された総合大学です。
第2次世界大戦後に再編され、現在の国立台湾大学という名称に変更されました。
現在では3万3千人を超える学生が通う台湾随一、かつ、最も権威ある大学となっています。

所在地

[国立台湾大学] No. 1, Sec. 4, Roosevelt Road, Taipei, 10617 Taiwan (R. O. C.)
[NIMS] 茨城県つくば市並木1-1


NIMS-ノースウエスタン大学連携研究センター

センターについて

本センターは平成24年9月6日にNIMSとアメリカ合衆国ノースウェスタン大学との間で締結された「学術連携センターに関する契約」に基づき、ノースウェスタン大学およびNIMS内に設立されました。

ノースウエスタン大学について

「湖に面したノースウェスタン大学キャンパス」の画像

湖に面したノースウェスタン大学キャンパス


 ノースウエスタン大学 は1851年、アメリカ合衆国イリノイ州の最も古い大学としてエバンストンに設立されました。中西部の主要大学から構成されるビッグ・テンの加盟校であり、少数精鋭主義の名門私立大学です。
同校のマテリアルサイエンス学科は1958年に世界で始めて設立され、世界の材料科学研究を先導してきました。現在も物質科学分野では世界第6位にランキング※されています。
 
 
※国際高等教育情報機関のクアクアレリ・シモンズ (Quacquarelli Symonds) が毎年発表している、世界の大学ランキング。

所在地

 [ノースウェスタン大学] 633 Clark Street, Evanston, IL, USA
[NIMS] 茨城県つくば市並木1-1


NIMS-GIANT連携センター

センターについて

本センターは平成26年10月1日にフランス グルノーブル市にあるGrenoble Innovation for Advanced New Technologies (GIANT) の8機関との間で締結され、「学術連携センターに関する契約」に基づきGIANTキャンパスおよびNIMS内に設置されました。同日には第一回NIMS-GIANT合同ワークショップを開催。これまでも各研究機関との研究交流が進められてきましたが、本センターは長期的な研究者の派遣や研究施設の共同利用等を含め、さらに幅広い連携共同研究を進めるために設立されました。

GIANTについて

関連画像
Grenoble Innovation for Advanced New Technologies(GIANT)とは、フランス グルノーブル市にある以下の8機関から構成されているクラスターである。






  • French Alternative Energies and Atomic Energy(CEA)
  • National Center for Scientific Research(CNRS)
  • European Molecular Biology Laboratory(ESRF)
  • Institut Laue-Langevin(ILL)
  • Grenoble Ecole de Management(GEM)
  • Grenoble INP
  • Universite Joseph Founier(UJF)
  • European Molecular Biology Laboratory(EMBL)
GIANTは約6,000人の研究者と約5,000人の学生を抱え、フランス原子力庁 (CEA) 、欧州シンクロトロン放射光施設 (ESRF) 、国立科学研究センター (CNRS) 、ILL高中性子研究所、欧州分子生物研究所 (EMBL) といった国立研究機関や多国籍管轄になる研究施設、理工学専門のエリート校として知られるグルノーブル国立工科大学 (Grenoble INP) 他2校の計8つの機関で構成されている。グルノーブル市は国内第2の経済発展地域であり、2013年11月につくば市と姉妹都市契約を締結した

所在地

1. NIMS office at MINATEC /room 139/ Building BCA-C/3 parvis Neel /38000 GRENOBLE
2. NIMS office at NEEL /room 204 / Building C3 / INSTITUT NEEL/ 25 rue des
martyrs/ 38000 GRENOBLE 


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)